パンパンに詰まった冷凍庫。整理をした時に出てくる賞味・消費期限をきれた冷凍食品たち。すぐにごみ箱に捨てる前に、期限を確認してみてください。期限によっては、まだ食べられるものもあります。1日2日なら切れていても食べられる気がするけれど、半年・一年経ってしまったものはさすがに無理でしょうか。

今回は大幅に期限を過ぎている冷凍食品を食べることができるのかについて調べてみました。

消費期限 賞味期限 冷凍食品 1年 半年 切れ

冷凍食品の賞味期限はどれくらい?

賞味期限はおいしく食べることのできる期間です。ですので、賞味期限を過ぎてもメーカーの定めるおいしさの品質に達しはしませんが食べることは可能です。

冷凍食品の賞味期限で多いのは、製造日から一年程度です。これは、未開封の状態で、マイナス18度の条件つきで、おいしく食べることができる期限をさします。

冷凍食品の消味期限はどれくらい?

続いて、消費期限は製造から1、4ヶ月〜1、6ヶ月です。一年半までと覚えておくと覚えやすいです。冷凍食品には、賞味期限は書いてありますが消費期限は書いていません。

いつまで食べるかは消費者が自分で判断する必要があります。賞味期限の4〜6ヶ月後が消費期限だと自分で目安をつけましょう。

スポンサードリンク

賞味期限切れ半年や一年の冷凍食品は食べられる?

冷凍食品に消費期限の記載はないので、賞味期限を半年や一年すぎたものについてみていきます。賞味期限を過ぎても食べることはできます。ですが、半年や一年もすぎたものですと、目安としていた消費期限を超えてしまっています。

冷凍食品の袋が膨張したり、袋の表面にしもがつき始めたりしたら、劣化の合図です。あくまでも食べるか食べないかは自己責任ですが、食べるまえに自分でちゃんと確認してから口に運びましょう。

まとめ

冷凍食品は、一年過ぎても問題なく食べられたという人もいれば、お腹を壊す人もいます。同じ期限でも、マイナス18度の条件であるかないかでも、期限は前後するので、日にちだけを当てにせず、自分の感覚も大切しましょう。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク