現在様々な冷凍食品が販売されていますが、冷凍麺は本当に便利です。

保存も利きますし、簡単に調理ができますし、何より食感がたまりません。

一番代表的なのはうどんの麺ですが、他にも冷凍で販売されている麺もあります。

焼きそばの麺は冷凍でも販売されていますが、冷蔵だと賞味期限も短いため

安売りされている場合があり、買ってきたけど食べきれないなんて事ありませんか?

今日は、冷凍されている麺の賞味期限(消費期限)と、焼きそばを家庭で冷凍した場合の解凍する方法を調べてみました。

消費期限 焼きそば 麺 冷凍 賞味期限 (1)

冷凍で販売されている麺の賞味期限(消費期限)は?

一般に販売されている冷凍麺は、家庭の冷凍庫で冷凍するよりも早く冷凍できる技術があり、麺の組織を壊さず冷凍できます。

ですので、解凍してもおいしく食べられるようになっています。

ただし、一度解凍してもう一度冷凍すると、麺の良さが損なわれてしまうので、解凍する場合は食べられる分だけにしましょう。

賞味期限は約一年と長いです。

冷凍ですので、よっぽど見た目がおかしいか変なにおいがしていなければ期限が過ぎても大丈夫です。

調理後は賞味期限に関わらず食べ方を変えるなどしてなるべく早めに食べてしまった方が良いでしょう。

スポンサードリンク

焼きそば麺を家庭で冷凍する場合、解凍する方法は?

冷蔵の焼きそばの麺は賞味期限が短めですが、冷凍すれば表示より長く持ちます。

ですが普通に冷凍しても、緩やかに凍っていくため解凍した時に買ってきたときの食感と違う場合があります。

ですので、少しでも早く冷凍するために熱伝導率の高い金属性のバットに乗せて冷凍すると普通に冷凍するよりも早く冷凍することができます。

解凍する方法としては、調理する前日に冷蔵庫に入れておく方法や、電子レンジを使って解凍する方法があります。

電子レンジを使う場合は、焼きそば麺には油を使っているため

ラップによっては破けてしまう場合もありますので、やけどには十分注意してください。

まとめ

冷凍麺は賞味期限も長いですし、使い勝手もいいのでとても便利ですが、解凍するときはおいしさを維持するために全部ではなく、その時食べる分だけにしておいた方がいいです。

麺をおいしく食べるためにも、麺の良さをできるだけ損なわないように保存しましょう!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク