ガレットやクレープは家庭で手作りを楽しむ方も多いものです。

友人等を招いた時などにも手作りをすれば、さらに楽しみも倍増しますし、おもてなしの気持ちが伝わりますね。

手軽に出来て美味しいので、失敗もなく安心してどなたでも作りやすいのが魅力です。

しかし、ガレットやクレープ生地が余ってしまった場合や前もって生地のままで保存をしたいと思った時は、どれくらいの賞味期限になるのかが気になりますね。

賞味期限 ガレット クレープ 生地

生地の状態での賞味期限

基本的に、クレープやガレットは生地で保存をすることは可能です。

その時の賞味期限はどれくらいかを知っておけば、計画的に準備が出来るようになりますね。

賞味期限の目安

ガレットやクレープの生地の賞味期限は、1日程度と考えられています。

やはり、材料に卵を使用していることもあり、前もって生地だけを作るにしても1日を目安にするのが安心です。

スポンサードリンク

保存方法

ガレットやクレープの保存は、密閉容器かラップで空気に触れない状態で冷蔵保存をします。

冷蔵室の温度は5度以下であれば問題ありません。

度々開閉することで温度上昇がある場合には、注意が必要ですが、家庭で通常の開閉を行う程度であれば、これで1日保存することは可能です。

この保存方法は、パティシエでも行っているのでおすすめの方法です。

返って1日置いた方が美味しさを増すとされているからです。

マカロンやクッキーでも同様の方法を行っていることも珍しくありません。

まとめ

手作りする機会の多いガレットやクレープですので、生地の状態で賞味期限がどれくらいなのかを知っておけば、計画的に作ることができるようになりますね。

何かのイベントや人を招く時にも、当日は忙しいという場合でもこの方法を知っておけば、慌てて作ることもなく、当日の段取りもスムーズになるでしょう。

その方が焼きたてをすぐに食べられるメリットも得られるようになりますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク