スーパーでよく冷凍されているイカが安く売っている時があります。

安い上に冷凍なので日持ちが長く便利ですよね。

イカは魚介類の中でも冷凍に向いている食材だそうです。

ただ冷凍イカの解凍方法や賞味期限が解らないという人も多いのではないでしょうか?

解凍方法は案外大切で間違った解凍方法をすると味が落ちてしまうそうです。

冷凍いかの解凍方法と賞味期限について調べてみました。

賞味期限 いか 冷凍

冷凍いかの解凍方法と賞味期限

いかは冷凍すると1カ月日持ちするそうです。

また、生鮮食品は冷凍すると味や品質が劣化してしまうものが多いですが、いかは冷凍しても品質が落ちないそうです。

いかは水分が少ないので冷凍しても傷みにくく、冷凍に向いている食品です。

特にスーパーで売られているものは鮮度が良い状態で冷凍しているので、品質がほとんど劣化しなくて済み、美味しいイカを食べることが出来ます。

冷凍いかの解凍方法ですが、冷蔵庫にいれて解凍するか、流水で解凍するのがオススメです。

解凍しすぎると品質が落ちてしまうので気を付けましょう。

半解凍くらいで調理すると良いようです。

解凍方法も簡単で良いですね。

生のいかを冷凍するとき

生のいかを買ってきて食べきれないときは冷凍保存しましょう。

生のいかを冷凍するときにはどうすればいいのでしょうか?

まず、生のいかはすぐにさばいてワタ、軟骨、墨袋を取り除きます。

刺身用にしたいときには皮も取りましょう。

好みの大きさにカットしたら、洗ってしっかり水分をふき取ります。

ラップに包んでジッパー等の密封できる袋に入れ、空気を抜いて冷凍庫に入れましょう。

味をつけておいて冷凍しても良いそうです。

スポンサードリンク

冷凍いかを使った料理

冷凍いかはどのような料理に使えるのでしょうか?

いかと大根の煮つけ、いかのバターソテー、パスタ、いかの天ぷら、いかのチリソース炒め、中華丼などの料理に使う事が出来ます。和食、洋食、中華など色々な味が楽しめますね。

まとめ

冷凍したいかの賞味期限は1カ月で、解凍するときには冷蔵庫か流水で解凍すると良いことが解りました。

生鮮食品は一度冷凍してしまうと鮮度が落ちてしまう中、いかは冷凍しても品質や鮮度が落ちないのは魅力的ですね。

冷凍いかは値段も手頃なので節約している時もオススメです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事