日本では食品に関する衛生面がとても厳しく管理される傾向がありますので、消費期限や賞味期限についても短めに設定されています。

メーカー側にしてみれば、商品が腐ったとか、傷んだとか、クレームを受けたり再検査など強要されると面倒ということもあって、さらに一定基準よりもかなり短めの設定となっております。

一概には言えませんし、商品にもよると思いますが、製造日から消費期限までの期間の約2倍位の期間は品質上の問題はないと思います。

消費期限でなく、賞味期限と記載されているようなら、さらに安全ということです。

ただし、未開封という条件付きですが…

賞味期限 未開封 開封後 ソーセージ

購入時は見た目や賞味期限などしっかり点検しましょう

ソーセージなど肉類は、店頭に並べられた時点ですでに鮮度は落ち始めています。

購入時、見た目や賞味期限などしっかり確認をして、より鮮度のよいものを選ぶようにしましょう。

賞味期限を必ずチェックしてから買うのは今では常識ですよね。

賞味期限を確認せずに、すぐに手に取ったものを買う人はいないと思います。

劣化が始まると見た目が変わってきます

ソーセージの場合劣化しだすと、表面に「汗」をかきます。

次にその汗がネバネバしてきます。

臭いもおかしいという状態になってきます。

冷蔵保存なら、賞味期限から2日経っても問題ないようですね。

開封済みの状態でもそれくらいは全然問題ないようです。

1週間過ぎても問題ないという人もいますし、個人差があるでしょうから、最終的に食べるか破棄するかは、自己責任ということになります。

スポンサードリンク

余るようなら冷凍保存に切り替えましょう

ソーセージのような加工食品は、製造日から賞味期限までの期間設定がかなり短めになっています。

勿論ものにもよりますが、冷蔵庫にしまってあれば、多少賞味期限から日にちが経っていても食べられるようです。

使い切れないほど買ってしまったり、ソーセージが好物で多量購入した場合は、冷凍保存も利きますので、冷蔵保存ではなく、冷凍保存に切り替えましょう。

まとめ

未開封で冷蔵保存の場合、25日程度で消費しきってください。

未開封のソーセージは、鮮度を損なわないよう、メーカー側で窒素を封入した状態で販売しておりますので、袋に入ったままそのまま冷蔵庫で保存してください。

開封後の冷蔵保存に関しては、保存用容器などに入れてしっかり密封した状態で保存してください。

その場合の賞味期限は、3~5日位ですが、消費期限と、見た目から判断して危なそうなら食べるのはやめてください。

いったん開封したら、賞味期限に関係なく、できるだけ早く食べきるのがいいでしょう。

開封した後、消費しきれないときは、早めにラップに包み、小分けにしてからジップロックなどに入れて冷凍するとよいでしょう。

1ヵ月位は、そのまま冷凍保存しておいても十分食べられます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事