ほうれん草は栄養も高く、何と言っても白和えや胡麻和えにして食べると美味しいんですよね。

しかし、白和えや胡麻和えを作っても賞味期限が書かれているわけではないので、いつまで持つのか気になりますよね。

そこでほうれん草の白和えと胡麻和えの賞味期限について調べてみたので紹介していきますね。

賞味期限 ほうれん草 白和え 胡麻和え

ほうれん草の白和えと胡麻和えの賞味期限

ほうれん草の白和えの賞味期限

ほうれん草の白和えは保存食には向いていなく、冷蔵保存で1~2日ほどしか持たいないそうです。

それ以上になってしまうと、豆腐から水分から出てしまい美味しくなくなってしまうのと同時に、傷むのも早くなってしまうみたいなんです。

また、冷凍保存すれば大丈夫な気もしますが白和えは豆腐を使っているので、冷凍は向いていません。

なので、冷蔵保存で早く食べるようにした方が良いですね。

ついでにほうれん草の白和えの作り方も簡単みたいなので、紹介しておきますね!

◎材料◎

  • 木綿豆腐1/2丁
  • ほうれん草1/4束
  • 人参1/5本
  • シメジ1/2パック
  • 砂糖
  • 醤油
  • すりごま

◎作り方◎

  1. 豆腐をザルに入れて水を切る。(ふきんで包んで絞るのもOK!)
  2. ほうれん草を固めに茹でて冷水で冷やし、3cm程に切ったらしっかりと絞る。
  3. 人参は小さめの拍子切りにして、しめじは多きものは半分に切ってラップにかけてレンジでチンする。
  4. 豆腐を粗く潰して調味料を入れて良く混ぜたら、野菜も入れてしっかりと混ぜて完成。

スポンサードリンク

ほうれん草の胡麻和えの賞味期限

ほうれん草の胡麻和えの賞味期限は冷蔵保存で2~3日程を目安にしておくと良いそうです。

また、白和えと違って胡麻和えは冷凍保存も出来るので、お弁当のおかず様に多めに作って冷凍するのも良いそうです。

その際、冷凍の賞味期限の目安は2週間~1ヶ月になるそうです。

ただし、2週間すぎると風味が落ちてしまうので早めに食べた方が良いみたいです。

胡麻和えの方も作り方を紹介しておきますね!

◎材料◎

  • ほうれん草1束
  • すりごま大さじ3
  • 醤油大さじ2
  • 砂糖大さじ2

◎作り方◎

  1. ほうれん草を少し硬めに茹でて冷水で冷やす。
  2. 粗熱を取ったら手でギュッと絞り、3~4㎝ほどにカットしたら再度ギュッと絞る。
  3. 調味料を全てボウルに入れて混ぜ合わせる。
  4. ほうれん草と調味料をしっかりと混ぜたら完成。

まとめ

ほうれん草の白和えの賞味期限は冷蔵保存で1~2日と短く冷凍保存は向いていないことが分かりました。

それに比べ、胡麻和えの方は冷蔵保存で2~3日、冷凍保存で2週間~1ヶ月と白和えよりも保存がきくことが分かりました。

それでも、どちらも冷蔵保存の期間が短いので早めに食べ切るようにしていきたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク