きんぴらごぼうも美味しいけど、人参のみのきんぴらも案外美味しいですよね。

味付けや材料の組み合わせもご家庭により様々だと思います。

きんぴらは栄養満点で買いすぎた人参も大量消費できて一石二鳥です。

さて、そんな人参のきんぴらですが賞味期限の目安はどの程度なのでしょう。

保存方法とあわせて見ていきたいと思います。

賞味期限 にんじん きんぴら

にんじんきんぴらの賞味期限

人参のきんぴら、きんぴらごぼうなど野菜だけのものであれば常温保存で2日ほど、冷蔵保存で4、5日を目安に食べきるようにしましょう。

しかし夏場の常温保存は傷みが早いので必ず冷蔵庫に入れるようにしてください。

また、肉類を加えて作った場合も傷みが早くなります。

この場合は、なるべく早く食べきるように心掛けましょう。

ご家庭により味付けも様々だと思います。

保存においては薄味よりも濃いめの味付けの方が多少は長く保存がききます。

冷凍保存はできるのか

冷凍保存も可能です。

ラップや小型のタッパーに必要な分量で小分けして冷凍させましょう。

お弁当のおかずとしては少量でいいと思うので少なめに包んだほうが後々便利だと思います。

お弁当用のおかずカップに小分けして入れてタッパーの中に並べて保存すると忙しい朝は楽チンですね。

冷凍での保存の目安は約1カ月。

注意点は、こんにゃく入りのきんぴらの場合です。

こんにゃくは冷凍すると食感が変わってしまいます。

もし冷凍するならば、こんにゃくだけでも省くことをおすすめします。

スポンサードリンク

レンジで簡単につれるきんぴら

鍋やフライパンを準備しなくても電子レンジで簡単にきんぴらが作れるんです。

細目に切った人参を耐熱皿に入れたらごま油を入れて混ぜます。

あとはご家庭での味付け法で調味料を入れてまぜまぜ。

あとはレンジにセットして500wで3分半~4分ほど加熱します。

これで完成!

あとは試食をしてみてレンジの時間を調整してみてくださいね。

まとめ

きんぴらを作る時はあえて多めに作って、お弁当のおかずに活用させるのもラクをする1つの手段ですね。

しかし賞味期限はあくまでも目安なので、あまり長々と保存せず出来るだけ早く食べるように心掛けましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク