一回で使い切れないパン粉とお米の賞味期限や、それらにつく虫についてまとめて見ました。

賞味期限 パン粉 お米 虫

パン粉の賞味期限とは

パン粉の賞味期限はどれくらいでしょうか?

洋食が入っていらい私達の食生活を豊かにして来たパン粉。

その賞味期限は未開封でも半年ぐらいと大変短いです。

より長持ちさせるには冷凍室に入れて早めに使ったほうがよさそうですね。

パン粉に付く虫とは

パン粉にも常温保存してるとタバコシバンムシなるものが発生するそうですよ。

嫌ですね。

パン粉を買ったら匂いが付かないようにタッパ―に入れて冷蔵庫か冷凍室に保存しましょう。

そして開封したら長くても1ヶ月位を目安に使い切った方が良さそうですね。

スポンサードリンク

米につく虫

お米もタッパーに入れて早く使い切れば虫を見ることはほぼありません。

米に付く虫はコクゾウムシ・ノシメマダラメイガ等です。

米をタッパーにもいれずに放置しているとわく虫です。

大体の米の賞味期限は1~2ヶ月だそうです。

育ちざかりのお子さん、運動系のお子さんがいる家庭では直ぐに無くなるでしょう。

高齢者夫婦や一人暮らしなら食べきれずに虫が沸いてしまった~なんてこともあるでしょう。

お米はタッパーに入れても一ヶ月以内には食べ切りましょう。

それが出来ない場合は冷蔵庫に入れて置くと言いと聞きました。

この場合も匂いを吸収しないように早く召し上がって下さいね。

お米に虫を沸かさないようにするには鷹の爪をお茶パックなど見えやすく、お米を炊く時に間違って大きさのものに入れてお米に載せておきましょう。

まとめ

以上のようにパン粉・米の賞味期限とこれらに付く虫についてまとめてみました。

パン粉や米を使おうとして虫が出て来たら嫌ですよね。

米は虫がついても使えると聞きますがちょっと考えてしまいます。

パン粉は米のように洗えないので捨ててもいいでしょう。

いずれにせよ虫を防いで賞味期限を待たずとも早く召し上がって下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク