サラダやお弁当の彩どりに活躍するプチトマト。

たまに使い切らなくてトマトが腐ってしまったなんて経験あると思います。

そこで、プチトマトの賞味期限はどのくらいあり、常温・冷蔵庫・冷凍保存する場合どれが一番良いのか気になったので調べてみました。

賞味期限 プチトマト 冷蔵庫 常温 冷凍

プチトマトの賞味期限

プチトマトを保存する際に最適と言われている温度は8~10℃と言われています。

なので、冬場であれば涼しい所に保管するようにすれば常温保存可能なんです。

また、熟成されていない青みがかったプチトマトは追熟させるために常温保存するといいそうです。

常温保存する場合は未熟で青みがかったプチトマトの賞味期限は2~3日くらいになるんだそうです。

冷蔵庫保存の場合

冷蔵庫で保存する場合はどのくらい持つのか…。

賞味期限は目安として1週間くらいになるんだそうです。

しかし、買った時にすでに完熟状態であると2~3日以内に食べた方が良いみたいです。

また、傷がある場合は1日前後しか持たないそうなので気を付けてくださいね!

保存する場合はヘタを取って綺麗に洗い湿らしたキッチンペーパーに包んでからポリ袋に入れて野菜室で保存するようにすると2週間くらい持つこともあるそうですよ!

さらに持たせるなら、ヘタを取って水を張ったタッパなどに漬けて保存し、毎日水を取り換えれば2週間~1ヶ月持つようです。

スポンサードリンク

冷凍保存の場合

プチトマトは冷凍すると旨味が増して美味しくなると言われています。

なので、美味しく頂くなら冷凍がおすすめです!

冷凍保存した場合の賞味期限は2ヶ月~半年も持ちます。

しかし、解凍してしまうとベチャベチャになってしまうので、解凍せずにスープやパスタのソースなど加熱料理に使うようにしてくださいね。

保存する際は綺麗に洗ってヘタを取りジップ付きの袋に入れて保存すれば大丈夫のようです!

まとめ

プチトマトの賞味期限は常温の場合2~3日、冷蔵の場合1週間~2週間、冷凍の場合2ヶ月~半年ということが分かりました。

また、プチトマトのおすすめの保存方法は冷凍になります。

期限も長く持つことはもちろん、旨味が増すので調理する際は更に美味しくなるようなんです。

しかし、解凍して使う事は出来ないので加熱料理専門となってしまうので、生で食べる場合は冷蔵保存すると良いですよ!

新鮮なプチトマトを保てるよう保存方法をしっかりとして、美味しく頂きたいですね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事