レタスをサラダにした時にその場で食べきってしまうこともあれば、残ってしまうこともありますね。

この時の賞味期限はどれくらいかというのは、やはり気がかりですね。

長持ちさせるには、どんなコツがあるのかを知っておくと役立てられます。

賞味期限 レタス サラダ

サラダにした時の賞味期限と長持ちさせるコツ

レタスをサラダにした時に賞味期限がどれくらいあるのかをご紹介します。

また、できるだけ長持ちさせるコツがあるのでマスターしておけば、美味しいサラダを食べられるようになります。

サラダは翌日までが賞味期限

レタスをサラダにした時といっても、ドレッシングをそのままかけた場合やポテトサラダの一部に活用した場合などいろいろとレシピがあるので、一概には言えない面もありますが、概ね翌日までが賞味期限と考えておきましょう。

やはり、ドレッシングをかけたサラダは、その時に食べきるのが一番レタスのおいしさを味わえるようになりますし、一部に活用した場合は、レタスの切り口が酸化をしてしまうのでおいしさを損なうようになってしまうからです。

スポンサードリンク

サラダを長持ちさせるコツ

できるだけ、レタスを使ったサラダを長持ちさせるコツとして、まず、レタスそのものの扱いに注意をしましょう。

酸化を避けるためには、包丁を使わずに手でちぎります。

また、ちぎったレタスは水に浸けておけばシャキシャキとした食感を残せるようになります。

そして、50℃のお湯でちぎったレタスを2分~3分つけてから水気を切ってサラダにするのもコツですよ。

いずれも、赤くなるのを防いでシャキシャキとした食感を残せます。

まとめ

レタスを使ったサラダをできるだけ食感を損なわず長持ちさせられるコツを使って調理すると、賞味期限が翌日であっても美味しさをキープできるようになります。

サラダは、新鮮さあってこそサラダの本領を発揮するので、レタスを扱う時にはこのようなコツを知っておけば安心ですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク