捨ててしまうのはもったいないからと冷凍庫で保存して、いつの間にか忘れてしまう事ってありませんか?

気付いたら、半年や1年過ぎていて使えるか迷った経験ある方も多いと思います。

そこで、冷凍した肉がどれだけ日持ちするのかを調べてみました。

賞味期限 切れ 冷凍肉 半年 1年

冷凍肉の賞味期限

冷凍すると、食中毒の原因になる細菌は活動しづらくなりますので、ほとんどの場合は問題はありませんが、お肉に含まれる脂身の部分が酸化して独特な匂いや味の面では問題が出てくることもあります。

そのため、冷凍肉の賞味期限は長くても1か月で鶏肉や豚肉などお肉の種類、またミンチやブロックなどによっても期限は異なってきます。

賞味期限が切れてから半年が経過した冷凍肉

ネットで調べると、安全とは言えませんが半年経ってもカレーやシチューなどで匂いなどの対策をして使っている人もいますが、家庭用の冷凍庫では-18度程度のものが多くあまり長期的な保存には向いていないため自己責任という面で必ず大丈夫とは言い切れません。

賞味期限が切れてから1年が経過した冷凍肉

冷凍することによって、細菌の活動が止まる事から1年経過しても安全という情報が出ていますが、これも賞味期限が切れてから半年が経過した冷凍肉と同じく保障はどこにもありません。

ほとんどの場合、お肉が酸化していたり冷凍焼けしている事が多い為、火を通しても食感や味に変化が現れます。

スポンサードリンク

なるべく美味しくいただくために

空気に触れる面が多いほど品質の劣化は早く進みます。

そのためブロックよりも薄切り肉、薄切り肉よりもミンチの方が傷むのも早いです。

また鶏肉は比較的、豚肉や牛肉よりも傷みやすいので賞味期限は短くなります。

これは冷凍保存でも同じ事が言えるので、鶏肉は約2週間でミンチの状態だと1週間ほどが目安です。

豚肉や牛肉は多少日持ちするので3~4週間が目安です。

しかし、どちらも購入後すぐに冷凍保存した場合の目安で、賞味期限や消費期限当日に冷凍した時は、お肉自体が少しずつ品質が落ちていますので、もう少し短くなります。

まとめ

いかがでしたか?

冷凍肉は細菌などは半年や1年経過していても、問題ないという情報も多いが、やはり味や食感、安全面で考えると冷凍していても2週間以内には食べきってしまう事をオススメします。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク