梨は秋になると旬の果物として活躍します。

梨の特徴としてはやはりみずみずしいところですね。

梨は水分が豊富なので噛むと水がいっぱい口の中に広がってきます。

しかもリンゴやみかん、各種のフルーツと違い、甘みが薄いため、甘いのが苦手な方にもおすすめできるフルーツです。

そんな梨ですが、梨の一般的な賞味期限はどれぐらいなのかご存知ですか?

梨はメーカーによって賞味期限がいろいろと違ってくるようです。

それは20日の梨だったり、10日までの梨だったりといろいろです。

今回はそんな梨の常温保存で、賞味期限がどれぐらい持つのかの説明をしていきます。

賞味期限 梨 常温

梨の保存方法

梨を常温保存する場合、賞味期限がいろいろと変わってしまいます。

それは梨のメーカーによって賞味期限が変わってしまうからです。

でも一般的に梨の賞味期限はリンゴより短いと言われています。

梨は水分が多いので傷みやすい感じがしますよね。

でも今回はそんな梨が常温で賞味期限が出来るだけ長続きできる方法があります。

スポンサードリンク

包む必要がある

梨を常温で保存するには梨を新聞紙かビニールの袋などで包みましょう。

その後、冷暗所の風通しのしやすいところにしまいこんでいきましょう。

これでいつもよりは賞味期限が伸びますが、やはり冷凍庫で保存した方がもっと長続きしますので、できれば冷凍保存のほうをおすすめします。

切った後の梨は塩水につけてラップなどで包めば常温保存もできますが、それでも冷蔵庫に入れたほうが良いでしょう。

切った後の梨は本来その日のうちに食べたほうが良いです。

まとめ

梨は旬になると旬の果物としてピックアップされるフルーツのうちの一つです。

そんなフルーツも賞味期限がありますが、種類によって賞味期限が変わります。

常温保存してい場合は新聞紙かビニール袋などで包み、冷暗所などにしまいこみましょう。

でもやはり梨は切った後にできるだけその日のうちに食べきったほうが良いとされています。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク