茄子の浅漬けってさっぱりしていて美味しく、家庭でも簡単に作れるので嬉しいですよね。

しかし、家庭で作るとなると賞味期限が書いていなくどのくらいを目安に使い切ればいいのか悩みますよね。

そこで茄子の浅漬けの賞味期限について調べてみたので紹介していきますね。

賞味期限 茄子 漬物 浅漬け

茄子の浅漬けの賞味期限

基本茄子に限らず浅漬けは普通の漬物に比べて、全く日持ちせずその日に食べる分だけを作るのが良いと言われているようです。

そんなナスの浅漬けの賞味期限は冷蔵保存した場合、1~2日を目安にすると良いみたいです。

また、ナスの浅漬けの汁が残っていれば汁ごと保存すると3日程持つみたいです。

それ以上の期間になってしまうと、風味が落ちたり変色してしまったりなどあるようなのであまりおススメしません。

また茄子の浅漬けを冷凍してしまうと食感や風味がかなり落ちてしまい不味くなってしまうようなので冷凍もおススメしません。

スポンサードリンク

保存方法

茄子の浅漬けはどのように保存すればいいのか気になりますよね。

汁がある場合は汁ごとジップ付きの袋に入れて空気は出来るだけ抜いて冷蔵保存します。

汁が無い場合はタッパやジップ付きの袋などなるべく空気に触れないよう、密封出来る容器に入れて保存してください。

どちらの方法もチルド室があればチルド室に保存することをおススメします!

また、取り出す際は清潔なお箸を使うようにすると良いですよ。

まとめ

茄子の浅漬けの賞味期限は冷蔵保存して1~2日、汁ごと一緒に保存すれば3日程持つそうです。

しかし、3日以上になってしまうと風味など落ちて美味しくなくなってしまうようなので、どんなに長くても3日までと目安にしておくと良いですね。

また、冷凍保存してしまうと茄子は食感を失いやすく美味しくなくなってしまうのでおススメされていません。

茄子の浅漬けは漬けたその日食べるのが一番美味しく、期限も気にせずに食べることが出来るので、その日に食べる分だけを作るようにし、一度で食べ切れるようにしていきたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク