御節料理やお吸い物、お刺身として食べると美味しいかまぼこ。

そんなかまぼこはスーパーで売られているような包装ではなく、真空パックになって売っている所もあるみたいなんです。

そこで真空パックになっているかまぼこの賞味期限について調べてみたので紹介していきますね。

賞味期限 かまぼこ 真空パック 未開封 開封後

真空パックになっているかまぼこの賞味期限

未開封の賞味期限

真空パックになっているかまぼこの賞味期限は未開封であれば冷蔵保存した場合10日~30日と設定されている物が多いみたいです。

しかし、かまぼこは常温保存には向いていなく季節にもよりますが1~2日ほどしか持たないと言われているので、必ず冷蔵保存しましょう。

冷蔵保存しても賞味期限内に使えそうになければ冷凍保存すると30日~180日くらいは持つみたいです。

ただし風味など落ちてしまうのでなるべく早めに食べることをおススメします。

また、未開封でしっかりと正しく保存されていれば賞味期限が少し切れてしまっていても食べることは出来るそうです。

食べる前に異臭はしないか、糸は引いていないかなど異変が無いか確認し、少し食べてみても味が可笑しくないかも確認するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

開封後の賞味期限

では、開封してしまった真空パックのかまぼこの賞味期限はどのくらい持つのかというと、種類にもよりますが冷蔵保存しても1~2日しか持ちません。

保存する際は少しでも空気に触れないようラップで包んで密封容器に入れて保存するようにしてください。

その際に板を捨てずにつけたまま保存すると少し長く持つみたいですよ。

まとめ

真空パックのかまぼこの賞味期限は未開封で冷蔵保存してあれば10日~30日程、冷凍保存すると風味は落ちてしまいますが30日~180日程持つことが分かりました。

しかし、開封してしまうと空気に触れ雑菌が増えてしまうことから開封後の賞味期限は1~2日ほどしか持たないようですね。

板を捨てずにつけたまま保存すると少し長く持つみたいですが、それでも3日以内に食べるようにしてください。

未開封であっても開封後であってもなるべく早めに食べるようにして、美味しく頂きたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事