ご飯と合うオカズはいろいろあります。

その中で野菜を使った炒め物もあります。

もやし炒めは健康面でも良いし、ご飯にも合うので人気のある料理です。

もう一つはジャガイモ炒めもありますね。

ホクホクなジャガイモはご飯に合うので箸が進んでしまいます。

ただ炭水化物同士なので食べ過ぎないように気を付けましょう。

もやし炒めとじゃがいも炒めは人気のある料理ですが、食べきれない場合はどうしますか?

やはりもったいないので次の日に回したり残り物を夕食に出そうとする方がいるでしょう。

そして気になるは賞味期限。

今回はそんな炒め物の保存法と、賞味期限について説明します。

賞味期限 もやし炒め じゃがいも炒め

炒め物の賞味期限

もやし炒めやジャガイモ炒めなどは基本的に出来たその日のうちに食べきったほうがいいです。

ホカホカをそのまま味わえるという今しか味わえない触感があります。

でもどうしても残してしまう場合もあるでしょう。

そういう時に限って、賞味期限はどこまで持つのか?

炒め物を冷蔵庫に保存した時の賞味期限

炒めたものを冷蔵庫に保存した場合、炒め物は大体二日ぐらい持ちます。

でもやはり味は落ちてしまいますし、触感もひどくはなるでしょう。

出来るだけ早めに食べたほうが良いでしょう。

 

スポンサードリンク

食べられなくなる時

炒め物は食品ですので当然時が進むにつれて傷みます。

賞味期限はおいしく食べられる期間ですので、多少過ぎても食べられるのですが、消費期限だった場合はすぐに捨てたほうが良いでしょう。

特にもやしなどは水分が多く含んでいる食品ですので、菌が繁殖しやすいです。

なので保存する場合は気を付ける必要があります。

食べられないなと判断するポイントは、異臭がする、色が変、などです。

そうなった場合は迷わず捨てたほうが良いでしょう。

まとめ

シャキシャキの野菜はおいしいですよね。

でも野菜全般に言えることですけど、水分が多く含んでいる食品ですので、保存する際は気を付けなければなりません。

一番良いのは作った日に食べきることですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事