小松菜は葉物野菜の中でもビタミンやカロチンを多く含んでいて茹でてもアクも少ない野菜です。

新鮮な小松菜であれば生で食べることも出来ます。

そんな小松菜ですが、他の葉物野菜と一緒で乾燥や水に弱く保存期間が短いです。

そんな小松菜の代表的な食べ方はおひたし。

おひたしにしても賞味期限は短いのでしょうか?

また小松菜のおひたしの保存はどのようにしたらいいでしょうか。

賞味期限 小松菜 おひたし

栄養満点小松菜の賞味期限

小松菜は一度切ってしまうとそこから劣化してきてしまいます。

したがって必要な分だけ切るように心がけましょいう。

小松菜は非常に傷みやすいので早く食べれればできるだけ早めに食べることを心がけましょう。

特に葉に水分がついてしまうとそこから傷み始めます。

小松菜のをおひたしにしても実は変わらず、小松菜は葉野菜で一番栄養がある反面、一番日持ちがしないといってもいいでしょう。

大体きちんと保存して3、4日が賞味期限です。

なので小松菜を冷凍保存すると少しですが日持ちがする上、おひたしにするには冷凍が一番いいようです。

スポンサードリンク

小松菜の冷凍した時の賞味期限とおひたしの冷凍

小松菜を新聞紙などでくるんで野菜室で3、4日が賞味期限ですが、茹でた小松菜に関しては1~2ヶ月持つと言われています。

なので小松菜の定番である小松菜のおひたしにして冷凍するといいでしょう。

おひたしにするとお弁当のおかずとしても使うことが出来るのでとても便利です。

解凍する時はお湯などは使わずに自然解凍。

自然解凍が一番水っぽくなく美味しさを保ちながら解凍できます。

お弁当などに凍ったままのおひたしを入れて置くとお昼にはちょうど溶けていいかもしれません。

お弁当用に冷凍保存した場合も大体一ヶ月めどに使い切ってください。

まとめ

小松菜はとても栄養が豊富なので沢山買って食べたいところですが、日持ちがしないところが難点です。

日持ちを少しでもさせるために冷凍保存して、調理する時に解凍するというのがいいかもしれません。

ただ、水っぽくなりますし、栄養も日に日に抜けてしまうので注意が必要です。

購入してきて調理内容によって使い分けるのがいいでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク