乾麺のうどんやそばなどは、賞味期限も1~2年ほどに設定されているのですが、賞味期限を過ぎてしまうことが意外にもあるのではないでしょうか?

冷蔵うどんでもなく冷凍うどんでもないので、乾麺と言うのは見た目の変化もなく悩むところですよね。

賞味期限 うどん 乾麺

賞味期限の過ぎた乾麺は食べられます

うどんなどの乾麺は、基本的に賞味期限を過ぎても食べられます。

しかし、保存状態や品質そのものにも影響されることを知っておく必要はあります。

乾麺は熟成した方が良い

食品衛生法で乾麺にも賞味期限は設定されているのですが、過ぎてしまっても食べられます。

返って、熟成するので正しく保存をしていれば美味しくなるとも言われているくらいです。

しかし、熟成した美味しさを感じされるものはそれだけ高品質のうどんやそばの乾麺だと考えて置くようにして下さい。

乾麺には安価なものもありますが、それだけに賞味期限を過ぎてしまったものを食べて熟成するかは疑問だからです。

スポンサードリンク

乾麺の保存方法

うどんやそば、そうめんなどの乾麺は贈答品やお土産でも出回っているので、頂く機会も多いものですね。

無駄にしないためにも、直射日光を避けて高温多湿にならない場所を選んで保存をしましょう。

夏場はどうしても高温多湿になってしまうので、工夫が必要です。

見た目で色の変化や風味の変化がないことを確かめて調理をするようにして下さいね。

うどんの乾麺であまりに賞味期限が過ぎているものでは、色が黄色っぽくなったり依れたりしてしまうことがあります。

また、湿気を帯びている手触りの時には、廃棄をしましょう。

まとめ

このように乾麺は保存方法を守れば、賞味期限を過ぎても品質の良いものなら更に熟成した味わいを感じられるようになる魅力もあります。

ただし、賞味期限を過ぎても限度もあるので見た目の変化にはチェックをしてから調理をするようにおすすめします。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事