おでんや肉まんなどによく使用するからし。

ただ、チューブからしって沢山入っていますが、その使用頻度はチューブのからしを使い切るほどではなく、気づくと賞味期限が切れていた・・なんてことありますよね。

賞味期限切れを気づかず使ってしまったからし。

大丈夫なのでしょうか。

賞味期限 からし 1年

賞味期限と消費期限、違いと過ぎた後の使用について

そもそも賞味期限というものはその商品を美味しく食べることが出来ますよ、という期間の事を表しています。

そのため、消費しなくてはいけないという期間がある場合は消費期限というものが存在します。

なので賞味期限が過ぎたからと言ってすぐに商品が食べられなくなるわけではなくどんどん美味しくなくなりますよという期間なのです。

もちろんだからといってずっと使い続けられるというわけではないので早く食べた方がいいのは変わりません。

スポンサードリンク

賞味期限が切れたからしの使い方

からしなどには防腐作用もあることから簡単に菌は繁殖はしないようです。

賞味期限が切れると食べられなくなるのではなくだんだんと風味や辛みが薄れ、からしとしての役割が果たせなくなるのです。

食べられないというわけではないですが、やはりそうなると使用するのはやめた方がいいでしょう。

あくまで賞味期限が切れてしまったからしは風味や味を確認して自己責任で使用するか否か考えるようにしましょう。

大体1年くらいたっていても今の冷蔵庫の進化や保存方法で全く変わらない風味を保っているものです。

あまり使用頻度が高くないので1年なんてあっという間に来てしまいそうです。

でも賞味期限はすでに切れているので使用する際は使用する前に確認して使用するようにしてください。

まとめ

からしを使用するシーンは意外と少なくおでんや冷やし中華、肉まんなどに少し使用する程度なご家庭が大半でしょう。

つい安くなってると大きいチューブなどを買ってしまいがちですが、ご家庭の人数や使用頻度を考えで購入しましょう。

からしには粉からしというものもあり、それはその都度粉を練って使用するもので手間はかかりますが、きちんと保存すれば1年の賞味期限があるのでそれらを利用するのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事