気分をスッキリさせたい時などに飲むとスッキリする炭酸飲料。

コンビニやスーパーなどでも売っていて手軽に買うことも出来て、子供からも人気ですよね。

そんなペットボトルの炭酸飲料の賞味期限の設定ってどんな風に決めているのか気になったので、調べてみました。

賞味期限 ペットボトル 炭酸飲料 設定

ペットボトルの炭酸飲料の賞味期限の設定は?

ペットボトルの炭酸飲料の賞味期限はメーカーや種類によって多少異なるようですが、だいたい3ヶ月~6ヶ月くらいに設定されているようです。

この期間の基準は、炭酸が賞味期限まで保つ期間でもあるみたいで、容器によっては期間が経つにつれて炭酸が抜けてしまうこともあるようです。

また、ペットボトルの炭酸飲料は賞味期限が切れても、保管状態が良く未開封であれば半年~1年過ぎても飲むことは出来るようです。

しかし、味や臭いが可笑しいと思ったら飲むのはやめて処分するようにしてくださいね!

賞味期限が切れた後の判断は自己責任となってしまうので・・・。

開封後は炭酸も抜けやすく、空気に触れたり直飲みなどすると雑菌が増えたりとあるので、なるべく早く飲み切るようにしてください!

賞味期限はあくまでも、未開封の場合の期間なので開封したら賞味期限に合わせないようにすると良いですよ!

直飲みやストローを使って飲んだ場合は、次の日までには飲み切ると良いそうですよ。

その他は、2~3日または長くても1週間以内には飲み切るのが一番いいと言われているみたいです。

スポンサードリンク

まとめ

ペットボトルの炭酸飲料の賞味期限は3~6ヶ月と設定されており、この期間は炭酸が保てる期間でもあることが分かりました。

しかし、容器によっては炭酸が少しずつ抜けてしまい飲むときには炭酸が弱いこともあるようですね。

また、賞味期限が切れても半年~1年は飲めるようですが、その場合は味や臭いなど異変が無いか確認してから飲むようにすることをおススメします。

なるべくは、賞味期限内に飲み切るようにすると美味しく安全に飲めると思うので、賞味期限内にしっかりと飲み切るようにして生きたですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事