お金に余裕がない。

でも食べないとお腹が空く。

仕方ないから安くすめるような食材を購入しますよね。

その中で玉ねぎや大根などはお財布事情に問題がある方にとっては強い味方になります。

簡単に済む料理と言えば大根炒めや玉ねぎ炒めなどもできますね。

ちなみに大根の葉は食べられるの知っていましたか?

こういう細かいところでもお財布を助けてくれる食材は心強いですよね。

さて、心強い食材ですが、購入しても賞味期限とかも気になりますよね。

今回はそんな心強い味方、玉ねぎと大根の賞味期限と保存について説明します。

賞味期限 大根葉炒め 玉ねぎ炒め

節約野菜炒めの賞味期限

大根葉と玉ねぎは節約料理の心強い味方。

その大根の賞味期限は季節によって変わり、冬場だと数か月持ちます。

でも暖かい時期ですと一週間以内などします。

大根葉も大体同じでしょう。

玉ねぎも季節によって左右されます。

常温保存で数か月持ちます。

大根葉の保存について

大根葉は食べられるため、切った後に葉は捨てずに置きましょう。

葉を洗った後、フリーザーパックやタッパーなどに入れて冷凍保存をします。

少なくとも冷凍保存で一か月以上は持つでしょう。

一方、大根葉のみならず大根まとめて常温保存する場合は洗わないほうが良いみたいです。

泥が付いたままのほうが保存性が高いみたいです。

 

スポンサードリンク

玉ねぎの保存について

玉ねぎは常温保存で数か月で、冷蔵保存だと一、二か月ぐらい保存が効きます。

賞味期限に余裕があっても玉ねぎ炒めを作る際は出来るだけ早めに作って、そして残さないよう心掛けたほうがおすすめです。

そして玉ねぎ炒めを作る際、残った切った玉ねぎはラップに包んで冷蔵保存をしましょう。

切り口から細菌が入りやすいのでラップは大事です。

まとめ

いろんな節約料理がある中、玉ねぎ炒め他、大根とそれの葉も利用した大根葉炒めなどがあります。

お金に余裕がない分、保存は大切にしたいですよね。

美味しい料理を作るためにも保存の知識は必要でしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事