韓国ドラマを見ているとナムルが大きな容器に入れられて冷蔵庫に保存されているのを目にします。

材料ごとに保存期間も様々だとは思うのですが、もやし、ほうれん草などは何日位で食べきるべきなのでしょうか?

賞味期限とかやはりあるのでしょうね。

日本ではほうれん草のおひたしをよく食べますが、その場合の茹でたほうれん草も賞味期限はケースバイケースで変わってくるのでしょうね。

賞味期限 ナムル おひたし ほうれん草

ナムルにはいろんな種類があります

ナムルにはいろいろバリエーションがあります。

にんじんのナムルや、3色ナムル、きゅうりのナムルなどあります。

にんじんのナムルは3~4日持つようです。

しかし、ほうれん草、もやしが加わると傷みやすいので早めにいただきましょう。

1日か2日位で食べきるのが理想的でしょう。

ナムルに使う材料は傷みやすいものが多いです

ナムルに入っているもやしは足が早いですから、2~3日で食べきるのがいいでしょう。

夏場は特に傷みやすいですから、もう少し急いで処理してください。

薄味の場合、2日以内に食べるのが理想のようです。

もやし、にんじん、ほうれん草などを材料にするナムルは、野菜を多くとりたい人にはおすすめですが、2日位で食べきるように
してください。

あまり多く作りすぎないで、2~3日程度で食べきれる量がよいでしょう。

スポンサードリンク

ほうれん草は野菜室にしまっておくのがおすすめ

そもそも、ほうれん草は0℃で保存するのが推奨だそうです。

冬は常温保存でも大丈夫とのことですが、冷蔵庫の野菜室に入れておくのが一番いいようです。

一度茹でてしまったら、日持ちしない野菜ですので、最初から茹でるつもりであれば、冷凍保存しておくのがいいでしょう。

ほうれん草の賞味期限は?

ナムルやおひたしなどによく使うほうれん草ですが、買ってきたほうれん草を野菜室で保存した場合は、賞味期限は約1週間と考えましょう。

ほうれん草を茹でた場合、水気をよくしぼってからタッパーやジップロックなどに入れてしっかり密閉しましょう。

それをそのまま冷蔵保存することもできますし、冷凍保存にすることも可能です。

冷凍の場合、保存期間、つまり賞味期限は長めになります。

その場合の賞味期限は、1ヵ月程度になります。

冷凍保存せずに茹でたほうれん草を冷蔵庫で保存した場合は賞味期限は2日程度になりますので、たとえ冷蔵庫に入れてあっても、早めにいただくようにしましょう。

まとめ

以上になります。

この記事を参考にして頂き、おいしく食べて頂けたら幸いです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク