お正月には欠かせない数の子ですが、余った時の賞味期限が気になりませんか?

私の家ではほとんど数の子は母が残さず食べてしまうので、冷凍保存することはないのですが、冷蔵保存はしますね!

実は私は数の子が苦手で食べないのですが、冷蔵と冷凍保存でどのくらい賞味期限が持つのか調べてみました。

賞味期限 数の子 塩抜き後 冷凍 冷蔵

数の子の塩抜き方法

数の子は塩抜きをしないとしょっぱくて食べられないようです。

私の家でも、数の子の塩抜きはお水で浸けて冷蔵庫で保存しながら塩抜きをしていたと思います。

しかし、なかなか塩が抜けない…。

ということでおすすめの方法を調べてみました。

実は数の子は真水では塩が完全に抜けないことをご存知でしたか?

数の子の塩の抜き方は、水1ℓに対して小さじ2杯の塩を溶かしてから数の子を浸すようです。

この方法で6~8時間ほどかかるようですが、上手に塩を抜く方法だそうです。

薄い膜を取って改めて同じ方法で塩水を作り、その作った水に取り替えて同じ時間水に浸しておきます。

全工程で半日~1日くらいかかりますがしっかり塩が抜ける方法です。

早く塩を抜きたい!といっても3時間はかかるようです。

方法は1ℓのぬるま湯に小さじ2杯の塩を入れて塩水を作ります。

そこに塩抜きをしていない数の子を1時間ほど漬けます。

1時間たったら今度は真水に1時間漬け、また1時間たったら水を換えて1時間漬けます。

計3時間ほどかかります。

冷凍保存での賞味期限

冷凍での保存でした場合味がかなり劣化してしまい、バラバラになってしまうことがあります。

賞味期限は1~2か月程度持ちますが、味の劣化のことを考えればあまりおすすめできない方法です。

解凍は冷蔵庫で自然解凍をして食べます。

スポンサードリンク

冷蔵保存での賞味期限

塩抜きをした数の子は、生ものと同じなので出来るだけ早めに食べきるようにします。

密閉容器やラップに包んで冷蔵庫で保存します。

賞味期限は1週間程度です。

味付け

味付けはいろいろあります。

私の母はシンプルに醤油と鰹節で食べていますが、だし汁を使ったりマヨネーズで食べたりと様々な食べ方があります。

自分の美味しい食べ方を是非見つけてみてください!

きっと見つかります。

まとめ

数の子の塩抜き後は、冷蔵で保存することをおすすめします。

冷凍はどうしても味が劣化してしまう、バラバラになるというデメリットがあるので賞味期限は短いですが、冷蔵で保存をおすすめします。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク