パン粉の賞味期限はどれくらいか?

賞味期限が入れて1ヶ月・2ヶ月・そして1年後の状態とは?

気になる賞味期限についてまとめてみました。

賞味期限 パン粉 切れ 1ヶ月 2ヶ月 1年

パン粉の賞味期限とは

では、パン粉の賞味期限はどれくらいでしょうか?

パン粉の賞味期限は手元にあるパン粉の賞味期限は約半年後でした。

生のパン粉は開封後、冷蔵庫で約1週間です。

それに対して乾燥パン粉は水分が少ないので日持ちするため、常温保存で約半年です。

しかしながら、色んな虫などが繁殖しますので、常温より冷蔵庫がおすすめです。

時には冷凍庫で保存するのも良いでしょう。

賞味期限切れ1ヶ月

そんなに大差なく食べられるかもしてません。

パン粉の状態を見て判断しましょう。

スポンサードリンク

賞味期限切れ2ヶ月

匂いを嗅いでみましょう。

カビが生えていないか確認してみて下さい。

パン粉独特の良い匂いだったら大丈夫でしょう。

賞味期限切れ一年

保存状態が良くても風味も落ちるでしょうし、一年も過ぎていたら少し心配です。

勿体ないかもしれませんが破棄をオススメします。

まとめ

賞味期限に関しては人それぞれ対応が違います。

過ぎていてもパン粉が良い匂いだったりカビが生えていなけれ使う人もいるかも知れません。

しかし、色々な目には見えなくても、虫がわいている可能性もあります。

ですのでここではおすすめできません。

パン粉でも生の物は一週間で使い切ると言う方もいました。

出来るだけ使わないほうが良いかもしれません。

一年すぎているものは破棄しましょう。

勿体ないですが病気するよりはいいですよね。

それでは最後に保存方法をお伝えしましょう。

生パン粉は生のパンで作られています。

スピードカッターに食パンをかければ簡単に作れます。

作ったらすぐに冷蔵庫にいれるか冷凍室に入れましょう。

パン粉は生の方がカビが来やすいです。

冷凍することでカビの発生を防ぎます。

大きなパックよりも小さい使い切りのサイズのものを使うことで、賞味期限切れのパン粉を食べる事を防げます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク