少し前だとウィスキーは『大人の男性が飲んでる』そんなイメージが強かったウィスキーですが、最近ではテレビCMなどを見てハイボールを飲む人が増えて人気も出てきました。

そして、ウィスキーは糖質が低いのでビールより太りにくく、飲みたいけど太りたくないと言う人にはとても良いお酒です。

そんなウィスキーですが賞味期限はどうなんでしょう?

また未開封と開封後では味が違うのか?

そんな疑問を調べました。

賞味期限 ウィスキー 未開封 開封後

ウィスキーの賞味期限

テレビCMやドラマなどで人気が出てきたウィスキーですが賞味期限とかどうなんでしょう?

実はウィスキーやブランデーなどの蒸留酒には賞味期限と言う物は存在していません。

勿論、未開封の物に限ります。

理由としてはアルコール度数が高く滅菌作用があり菌が繁殖しにくい環境なので未開封のウィスキーには賞味期限がありません。

開封後は空気に触れる面積や時間で酸化スピードは変わってきます。

急に味が変わると言う事はありませんが、栓をあけて空気に触れる時間が長くなればなるほど早く酸化してしまいますし、空気に触れる時間が短くても空気に触れる面積が広いと早く酸化していきます。

スポンサードリンク

未開封と開封後の味の違いや保存方法

未開封だからいつまでも大丈夫と考えてしまうと思いますが、保存の仕方を間違えるとダメになっていきます。

未開封

未開封だからと言って安心してはいけません。

日の当たらない風通しの良い冷暗所で保存をする事が大事です。

また、温度が高い場所や湿度が変わりやすい場所も避けなければなりません。

でも自宅では、なかなかそんな場所は見つかりませんよね?

そんな時は箱から出さずに押入れに入れる事です。

押入れの中でしますが、押入れの換気もしっかりして湿度の変化を最小限にしてあげる事で保存場所には最適です。

開封後

1度、栓を抜いて空気に触れる面積が大きかったり触れている時間が長くなると酸化しやすくなり早く劣化してきます。

酸化していくと味も風味も徐々に落ちていきます。

開封後でも美味しく飲める期間は半年程度です。

なるべく日の当たらない風通しの良い冷暗所でしっかり栓をして保存しておく必要があります。

また、酸化防止の方法としてパラフィルムを使用したり栓をする前に専用の酸化防止のガスを注入しておく方法もあります。

まとめ

ウィスキーは基本、賞味期限はありません。

賞味期限が無いからずっと美味しいままかと言うと空気に触れる事で酸化していくので味や風味は変わってきます。

なるべく変わらない様にBARなどでも利用する酸化防止の方法を取り入れて保存すると良いでしょう。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク