餃子は忙しいときにタネから自分で作るのは結構時間がかかってしまいます。

そんなときには市販のチルド餃子が便利です。

焼くだけですぐに食べることができます。

スーパーに行くとセールでとても安くなることがあり、何個か買っておくのですが賞味期限が気になります。

チルドの餃子の賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

賞味期限 餃子 3日 1週間

チルド餃子の賞味期限は3日

スーパーで売られているチルド餃子の賞味期限はだいたい3日くらいに設定されています。

自分で手作りした餃子よりも機械で作られおり、食品添加物も入っているので少しだけ日持ちが長いです。

焼いたあとの餃子は日持ちしないので当日中に食べるようにしましょう。

賞味期限が1週間過ぎたら食べられない?

チルドの餃子を沢山買い過ぎてしまってうっかり賞味期限が1週間過ぎていたときは食べることは出来ないのでしょうか?

賞味期限は美味しく食べる事が出来る期限なので少し短めに設定されています。

賞味期限が切れてすぐに腐ったりはしないので保存状態が良ければ一日くらいであれば食べることができるかもしれません。

ただ賞味期限が過ぎた食品を食べるときは自己責任です。

1週間も過ぎているものはお腹を壊す可能性もあり得るので食べない方が良いでしょう。

もしたくさん買って賞味期限以内に食べることが出来なさそうな場合は冷凍保存すると良いでしょう。

チルド餃子は冷凍することも出来ます。

冷凍すると1カ月くらい日持ちするようです。

ただ焼いた後の餃子は冷凍には向かないので気を付けましょう。

スポンサードリンク

手作りの餃子の賞味期限は?

手作りした餃子の賞味期限はチルドの餃子よりも短く、冷蔵庫に入れて当日か翌日までのようです。

手作りの餃子を保存するには中の具材の水分をなるべく少なくし、餃子の皮を包むときに水をあまり使わないなど、水分を出来るだけ無くす工夫が必要で結構大変です。

当日中に食べないときは焼く前の状態で冷凍保存すると良いみたいです。

まとめ

チルドの餃子の賞味期限は3日くらいで、手作りの餃子は当日か翌日くらいなのでチルドの餃子は少し賞味期限が長いことが解りました。

3日過ぎてもすぐに腐るわけでは無いようですが、たくさん買いすぎた時は冷凍しておくと安心です。

冷凍した餃子は解凍しなくても凍ったまま焼いて調理できるので時間もかからず便利ですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク