野菜の中でも悪くなりにくいものの中に玉ねぎがありますが、ものによってもちがいい時と早く悪くなる時がありますよね。

もしかしたらそれはどこか保存方法が違っているからかもしれません。

ここでは玉ねぎのおすすめの保存方法と賞味期限を紹介していきます。

賞味期限 玉ねぎ 見た目

玉ねぎのおすすめ保存方法と賞味期限

玉ねぎの保存方法によっての賞味期限の違いを見ていきましょう。

玉ねぎを冷蔵庫で保存した場合

玉ねぎは冷蔵庫で保存することができますがあまりおすすめできません。

なぜかと言うと玉ねぎは湿気に弱いので湿度が高くなることがある冷蔵庫での保存はおすすめできません。

それでも、大体1ヶ月程度は賞味期限がもちます。

また、りんごなどの、エチレンガスなどが発せられるものと近くで保存すると芽が伸びやすいので気をつけましょう。

玉ねぎを常温で保存した場合

玉ねぎは常温で保存するのをおすすめします。

先程も言ったように、玉ねぎは湿気に弱いので湿気がこもらないように袋などに入れずにネットやストッキングなどに入れましょう。

玉ねぎどうしが重ならないように風通しの良い湿気が少ない場所に吊るしておくと良いでしょう。

そうした場合の賞味期限は1ヶ月~2ヶ月程度を目安に考えておきましょう。

スポンサードリンク

玉ねぎが悪くなった時の見た目などの変化

玉ねぎが腐った時にチェックすべき事を紹介します。

玉ねぎが腐っても食べられる場合

玉ねぎは変色すると悪くなっていますがそこを取り除いた白い部分は食べられます。

本体でなく芽の部分も食べられます。

炒めたり煮たりして食べると良いでしょう。

玉ねぎが腐って食べられない場合

見た目でわかるようなカビが生えていたり、きつい匂いがしていたり玉ねぎが水っぽくブヨブヨしている場合は食べないようにしましょう。

それでもわからない場合は触ってみるといつもより柔らかかったりするので、その場合は食べないようにしましょう。

まとめ

ここまで玉ねぎの賞味期限や保存方法や悪くなった時の見た目の変化の見極め方について紹介してきました。

玉ねぎは保存方法次第で賞味期限が大きく変化する野菜なので工夫してできるだけ賞味期限をのばすことが出来るといいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク