生姜と言えば豆腐の上に少量乗せたり、すりおろして醤油につけて生姜醤油にして他の食材と合わせて食べたりします。

調味料として有名です。

さらに風邪をひいた時に生姜は体に良いと言われますよね。

健康用途のみならず、料理の時は魚の臭みを取る時にも生姜は有効活用されます。

一方にんにくは料理のわき役として、メインを引き立たせる役目がある万能食材です。

今日では中華料理やイタリアンなどは欠かせない食材となっています。

にんにくの香りは香ばしく、ステーキ肉など焼かれた肉とは非常に相性がいいです。

こちらはすりおろした場合、香りが充満します。

なのでにんにくの強烈な香りが欲しい場合はすりおろして活用するのがいいでしょう。

香りだけではなく、にんにくの成分が合わさって体に良いとされる成分が誕生しますので健康にも悪くないでしょう。

さて、今回は生姜と、にんにくについて説明しましたが、この二つの食材、賞味期限がどれぐらいかご存知ですか?

今回はこの食材が美味しくいただける期間の賞味期限について説明します。

賞味期限 すりおろし 生姜 にんにく

保存方法によって賞味期限が変わる

生姜について

生姜の平均賞味期限は大体10日から14日辺りと言われています。

これはなにも手を加えず素のままの状態の場合です。

もし料理で生姜の一部を切り取った場合、使わない残りの生姜は切り口の部分を新聞紙かラップに包み、風通しの良い冷暗所で保存するといいでしょう。

もし長期保存したい場合はタッパなどに入れて密閉した後、冷蔵庫に入れましょう。

うまくやれば一か月ぐらい持つでしょう。

スポンサードリンク

にんにくについて

にんにくの賞味期限ついては常温保存した場合、2~4週間持つと言われています。

もちろん保存環境によってはこれ以上伸びるでしょう。

そのままの場合は賞味期限結構持ちますが、切った後のにんにくの賞味期限は意外と結構早く切れます。

大体3日ぐらいだと言われています。

どうしても切った後のにんにくを保存したい場合はオリーブオイルなどに着け、ラップで巻いて冷蔵庫に入れましょう。

これで一か月は持つでしょう。

まとめ

以上が生姜とにんにくの賞味期限でした。

生姜とにんにくは万能食材ですが、保存方法の違いで賞味期限が変わってしまいますね。

もしこれらを保存したい場合は紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク