オリーブの実はそのまま食べるととっても苦くとても食用には適さない食べ物です。

オリーブの新漬けというのは、その年にオリーブの実を漬けた、いわばオリーブの実の浅漬けの事です。

このオリーブの実の浅漬けはどれくらいの賞味期限で、どんな利用方法があるのでしょうか。

賞味期限 オリーブ 実 新漬け

新漬けの賞味期限と利用方法

オリーブの新漬けの賞味期限は大体3ヶ月くらいです。

開封後は大体5日くらいが目安で食べきらなくてはいけません。

オリーブは酸化しやすく風味がすぐに落ちてしまうからです。

オリーブの新漬けはヨーロッパの方では酢漬けが多いようですが日本で生産されているのは塩漬けが主です。

そのため酢漬けよりもあっさりしていて食べやすいのです。

塩漬けといっても非常にあっさりしていて綺麗な緑色をしています。

摘みたてのオリーブを使用することで綺麗な色と風味を保ちます。

またオリーブはオレイン酸、ビタミンEといったとても美容にいい成分が入っている為健康維持にも最適です。

スポンサードリンク

オリーブ新漬けの利用の仕方

オリーブは先述したようにとても健康面でも積極的にとりたい食材の一つですが、どのように料理に利用するのがいいのでしょうか。

開封後は結構早めに食べないとどんどん酸化してしまうので、どのように料理に活用すればいいのでしょうか。

オリーブと言えばイタリアンな雰囲気があるためどうしても洋食でないとと思いがちですが、新漬けは塩味なので実は和食にもよく合います。

もちろんそのまま箸休めとしても漬物替わりにもなります。

細かく切ってソース的なものにしても十分美味しく食べることが出来ます。

時間が経って賞味期限がきれてしまうのももったいないので是非活用しましょう。

まとめ

日本人にとってあまりなじみがないかもしれないオリーブですが、日本の小笠原諸島でもオリーブは栽培されており、そしてオリーブの新漬けという塩でつけられたものもあるので、和食にも実はぴったりの食材です。

開封前なら3ヶ月は持つ賞味期限ですが、開封後は5日以内と短い賞味期限なのでぜひ接触的に料理などに取り入れて美味しいうちに召し上がりましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク