ちょっと小腹が空いた時に食べるのにちょうどいいゼリー。

今ではこんにゃくゼリーや飲むゼリーなど色々な種類があって味もたくさんあるので、選ぶのに悩んでしまいますよね。

そんなゼリーの賞味期限って意外と長いので、気づいたら過ぎていたなんてことありませんか。

そこでゼリーの賞味期限について調べてみたので書いていきますね!

賞味期限 2ヶ月 3ヶ月 ゼリー

ゼリーの賞味期限

スーパーやコンビニで売られているゼリーはビタミン剤などの保存料が使われていて、しかも密封容器にギリギリまで入っているので短くても1ヶ月なんだそうです。

長いものでは半年も持つものあるんだそうです。

冷凍保存すると更に期限は延ばせるので食べ切れない場合は冷凍保存すると良いですよ!

ちなみに手作りゼリーになると、保存料など使われておらず密封もされていないので2日くらいしか持たないんだそうです。

しかも、雑菌が完全に排除できないので菌が増えやすくなってしまうそうですよ!

スポンサードリンク

2ヶ月・3ヶ月過ぎても大丈夫なの?

市販されているゼリーは保存料など使われているので、滅多に腐ることはないですがあくまでも保存状態が良い場合になります。

なので、保存状態が良ければ食べることは出来ますが、期限が切れると雑菌などが少しずつ増えていくようなので、小さいお子様や老人など抵抗力が弱い方は食べない方が良いみたいです。

腹痛や下痢といった体調不良になってしまう可能性が高いそうです。

ということは、風味や味は落ちるけれども抵抗力が強い方は食べてもさほど問題ないようです!

しかし、味や臭い・見た目が変など1つでも当てはまるものがある場合は傷んでいるのですぐに処分してくださいね!

まとめ

市販で売っているゼリーの賞味期限は短くても1ヶ月で長いものだと半年持つものもあるんですね!

ただし、賞味期限が切れた場合保存状態が良ければ2ヶ月・3ヶ月持つようですが、少しずつ菌が増えていくので抵抗力の弱い方や老人・小さいお子様には与えるのはやめておいた方が良いみたいですね。

また、絶対に安全とは言えないので食べる際はあくまでも自己責任で、十分に判断してから食べるようにしてくださいね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク