中国へ旅行に行ったのですが、おみやげ選びに困りました。中国の食べ物はあやしいと思われて確実に喜ばれません。かといって原色バリバリの中国雑貨や置物をもらっても困りものですよね。

中国の食品は敬遠されるのですが悩みに悩んだ末に、ものだと残るので食べてなくなる定番モノのお菓子にすることにしました。

購入する方法としてはネット通販が一番のお勧めですが、現地で買うならスーパーマーケットが良いと思います。定価が決められているし、空港ほど高くないのでお勧めです。

賞味期限 消費期限 中国 読み方

中国の賞味期限・消費期限の読み方について

さて、中国みやげに話は戻りますが、定番モノのお菓子、月餅にすることに決めました。個包装になっていて配りやすいし、大きさもいろいろあります。日本人には小豆あんの月餅が人気だそうです。

楽しい旅行も終わり、無事帰国しておみやげの整理・・・月餅の箱をみてびっくり。

箱の裏には「16.04.24」という数字が記載されていました。ということは賞味期限が16年4月24日ということ?旅行に行ったのが5月だったので賞味期限切れのものを買ってしまったのかと青ざめつつ、いくらなんでもおかしいと思い、慌てて中国の友人へ確認のメールをしました。

スポンサードリンク


友人によると、一般的な中国の食品は「製造年月日」を表示することがほとんどなのだそうです。「生産日期:60天」の表記もあったので製造年月日から2か月は大丈夫という意味とのこと。

安心しましたが、渡すときに説明したほうがいいような気がしています。

まとめ

日本は食の安全に厳しい国なので、中国産食品の安全性に関しては特に厳しいです。現地でも中国の食品をおみやげに買うのを敬遠される方が多いもの事実だそうです。

確かに、中国産の食品の問題は大きいですが、 本当に全てではないし、日本の業者並みに安心できる設備を持った企業もたくさんあります。事実中国での食事はどれもおいしかったですよ。

おみやげもおいしかったと好評でした。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク