ヨーグルトメーカー各社にとっては、
「賞味期限や消費期限が過ぎたヨーグルトを食べたい」
というのは、「よくあるお問い合わせ」。

2日や3日、5日など、賞味期限から数日経ったヨーグルトは、
食べても良いのでしょうか?

賞味期限 消費期限 ヨーグルト 2日 3日 5日

ヨーグルトメーカーに問い合わせてでも、食べたい?!

ヨーグルトメーカーに問い合わせる手間をかけても、
賞味期限や消費期限が過ぎたヨーグルトを食べたい。

そういう人は、実際にいるようです。

それではメーカーが、
そういった消費者にどう応えているかと言うと・・・

はっきり明言しているメーカーは少ないのですが、

正直なところ、
賞味期限をすぎたヨーグルトは食べてほしくないようです。

どんなに保管状態が良くても、せいぜい賞味期限の翌日まで。

2日、3日、5日と日にちがすぎたヨーグルトを、
「消費期限がすぎたわけではないから、食べてもいいでしょ?」
と聞かれるのは、

メーカーさんにとって、わりと辛いことのはずなのです。

なぜ、賞味期限をすぎたヨーグルトは辛いのか?

ヨーグルトに限らず、食品を作るメーカーのスタッフは、
「お客さまに美味しいものを食べてほしい」と思って、
食品を作ったり、販売したりしています。

お母さんが、学校に行く子供のために、お弁当を作る時と同じです。

「お昼に美味しく食べられるように」と思って、
あんな工夫・こんな工夫をした上で、お弁当を作っているわけで、

もし子供が、そのお弁当を何日もほったらかして、

あげくに数日後、
「何日も経ったけど、大丈夫かもしれないから、食べてみた」
と言ったとしたら・・・

お母さんのがっかりは、はかりしれません。

賞味期限や消費期限のすぎた食品というのは、
食品を作るメーカーにとって、そういう感じのものです。

スポンサードリンク

賞味期限は、お客さまのために書いている

「お客さん、せっかく買うんだから、この日に食べると美味しいよ!」

賞味期限をあれこれ工夫して書いている方は、そんな感じです。

その食品を引き受けて販売しているスタッフも、
「頼むから、この日までに食べてくれー!」
くらいの気持で、販売を担当している時があります。

(いろんなことを言い出すお客さんがいるんで、つい・・・)

それなのにお客さんから、
「賞味期限はすぎたけど、食べてもいい?」
と聞かれる形ですから、・・・。
もっとも、賞味期限をすぎた食品を食べているところを、
賞味期限を設定した本人に見られる心配は、まずありません。

販売するスタッフも、
「お客さん、あれ、賞味期限までに食べてくれましたー?」
なんて、聞いたりはしません。

食べる人が「だからいーや」と思うかどうかは・・・
おまかせするしかないところがあるのです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク