大根の浅漬けとキュウリの浅漬けは暑い日やさっぱりと食べたい時にあると嬉しい食品ですよね。

そんな大根とキュウリの浅漬けは自分で作ることもでき本当に漬物の中でも最高なんです。

しかし自家製となると売られている物とは違い賞味期限が書かれていないので、どのくらいを目安にしておけばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで自家製の大根の浅漬けとキュウリの浅漬けの賞味期限について調べてみたので紹介していきますね。

賞味期限 自家製 大根 キュウリ 浅漬け

自家製の大根とキュウリの浅漬けの賞味期限

自家製大根の浅漬け

自家製大根の浅漬けは何も加工せずシンプルなものであれば1週間ほど・ぬか漬けなど加工してある浅漬けは発酵しやすく傷みやすいので3日以内に食べ切るようにした方が良いそうです。

それ以上になってしまうと酸っぱくなって食べることが出来なくなってしまうので気を付けてくださいね。

また、塩分などの濃度によっても異なってくるようなので、漬け具合によっては一週間も持たないこともあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

自家製キュウリの浅漬け

自家製キュウリの浅漬けは塩分の濃度などに関係ないみたいで、賞味期限は当日~翌日中に食べ切るようにした方が良いそうです。

それ以上になってしまうと食中毒になってしまう可能性があるので注意してくださいね。

どうしても長期保存した場合は塩分を多くし、浅漬けではなく保存漬けにするようにした方が良いみたいですよ。

また、大根の浅漬けもキュウリの浅漬けも冷凍保存は出来ないのでなるべくその日の内に食べ切れる量を作るようにして、保存する際は密封出来る容器に入れて保存するようにしてくださいね。

まとめ

自家製大根の浅漬けの賞味期限は3日~1週間程、自家製キュウリの浅漬けの賞味期限は当日~翌日を目安に食べ切るようにしたほうが良いということが分かりました。

浅漬けは傷みやすいのでなるべく空気に触れないように密封容器に入れて必ず冷蔵保存するようにした方が良いことも分かりました。

また、塩分の濃度によっても異なってくるようなのでしっかりと様子を見ながら漬けるようにして、その日の内に食べ切れるように作りたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事