ハーブティーなどの茶葉の紅茶はたまに飲むものですが、意外と賞味期限内に飲み切れなかったことはありませんか?

そこで今回は開封後のハーブティーの賞味期限について、また美味しく保つための保存方法について調べました。

賞味期限 ハーブティー 開封後

ハーブティーの賞味期限について

紅茶の賞味期限は、メーカーによってさまざまな賞味期限が表記されていますが、一般的には2年とされているようです。

賞味期限の基準は製造年月日になりますが、紅茶の場合は、製品が出来上がった日と工場で茶葉が製茶された日が異なる為、各メーカーによって賞味期限が曖昧になってしまうようです。

開封後の賞味期限について

開封前であれば約2年は持ちますが、開封後は袋のジッパーを閉めて密封した状態で保存し、できるだけ一か月を目安に飲み切るのが良いでしょう。

一度封を開けてしまうと、そこから空気が入り込み乾燥した茶葉の酸化が進んでしまいます。

そこから風味や香りが失われてしまうので、開封後はできるだけ早めに飲み切るのが良いでしょう。

一か月程度飲み切れなかった場合は、茶葉のサイズをワンサイズ小さくするか、密封状態で保存するのが良いでしょう。

スポンサードリンク

ハーブティーの保管方法について

多くの食品は冷蔵・冷凍保存した方が賞味期限が切れてしまった場合でも品質を長く持たすことができるので、冷蔵・冷凍保存を進めていますが、ハーブティーなどの茶葉の場合は、冷蔵保存はおすすめできません。

というのも、冷蔵保存してしまうと、他の食品に香りが移ってしまったり、冷蔵庫から取り出したときに温度の差で水滴が茶葉についてしまい茶葉が湿ってしまったりしてしまうからです。

そこで、茶葉のおすすめの保存方法は常温で密封保存です。

茶葉は温度変化に弱いのでなるべく温度変化の小さな冷暗所に保管するのが良いでしょう。

また、茶葉は酸化に弱いのでゴムパッキンのついた容器や密封できる缶に入れておくのが良いでしょう。

まとめ

ハーブティーなどの茶葉は、開封すると酸化が進み、風味や香りが著しく落ちてしまうので、なるべく一か月以内で飲み切るのが良いということが分かりました。

また、保存方法については常温で密閉できる容器での保存が望ましいということも分かりました。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク