うどんはかけうどんにしたり、焼きうどんにしたりして食べると美味しく、タルト生地はケーキ作りなどにあると活躍してくれる食材ですよね。

しかし、うどんもタルト生地もどのくらい賞味期限が持つのか気になった事ありませんか?

そこでうどんとタルト生地の賞味期限について調べてたみので紹介していきます。

賞味期限 うどん タルト生地

うどんの賞味期限

うどんは種類によって賞味期限が違うんです!

手打ちうどん

賞味期限は1~3日と短く、多くの所では製造後急激に品質が落ちるので消費期限と記している所が多いそうなんです。

生めん

賞味期限が2~4日と手打ちうどんよりも少し長いのですが、生めんも手打ち同様製造後すぐに急激に品質が落ちることから消費期限と記されているみたいです。

ゆでめん

ゆでたうどんは5日程と賞味期限が少し長くなるみたいです。

しかし、メーカーによっては賞味期限ではなく消費期限と記されている場合があるようなので注意してくださいね。

スポンサードリンク

半生

半生のうどんはメーカーによって多少前後してしまうようですが、だいたい90日と設定されている所が多いみたいですよ。

乾麺

乾麺は保存食としても用いられるため、賞味期限が180日と長めに設定されているみたいです。

手打ちや生めんゆでめんは要冷蔵保存を条件としていますが、乾麺と半生のうどんは常温保存でも大丈夫みたいですよ!

ただし半生のうどんはメーカーによって異なるみたいなので、しっかりと確認してくださいね!

タルト生地の賞味期限

タルト生地は常温保存が向いていなく、必ず冷蔵保存することを条件として賞味期限が1~3日以内と設定されていたり、目安にしておくと良いそうです。

ただし、タルト生地はカビが生えやすいので賞味期限以上の冷蔵保存は向いていないみたいです。

どうしても使い切れず長期保存するのであれば、1~2cm程に薄く延ばしてラップで密閉し冷凍すると1ヶ月近く持つみたいですよ。

使う際は必ず自然解凍してから使うようにしてくださいね。

まとめ

うどんの賞味期限は種類によって異なり、短いもので1~3日程・長いもので180日とあるので、しっかりと賞味期限はチェックするようにした方が良さそうですね。

また、タルト生地の賞味期限は冷蔵の場合1~3日以内・冷凍保存であれば1ヶ月近くとなっていることが分かりました。

うどんもタルト生地もどちらもなるべく賞味期限内に使うようにして、美味しく頂きたいですね!

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク