餃子と言えば有名なのが餃子の王将ですよね!

餃子の王将の餃子はニンニクから餃子の皮まで使用している食材はすべて国産です。

冷凍もしていないのでいつも作り立ての鮮度のいい餃子を提供してくれます。

餃子の王将の餃子は本格的な味でジューシーなうえに、皮がパリパリしていてとても美味しいと評判です。

そんな餃子の王将の餃子を家庭で味わえるようにお持ち帰り用の生餃子も販売されています。

家庭で餃子の王将の餃子が食べられるなんて沢山買っておきたいですよね。

ただ気になるのが賞味期限です。

王将の餃子の賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

賞味期限 餃子 王将

餃子の王将の餃子の賞味期限は?

餃子の王将のお持ち帰り用の生餃子は当日中に焼いて食べるようにとの事でした。

どうしても当日中に食べきれないときは冷凍保存すると良いようです。

冷凍保存した場合もなるべく早めに食べるようにしましょう。

冷凍保存しても3日くらいで食べた方が良いそうです。

それ以降も食べられないことは無いのですが、味や品質は日にちがたつほど落ちてしまいます。

沢山買ってストックしておきたいところですが、やはり美味しい餃子を食べるには買ってすぐに食べるのが一番のようです。

また、焼いた餃子をお持ち帰りするときも当日中に食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

冷凍した餃子を美味しく焼くには?

冷凍しておいた餃子を焼くときにはどうしたらいいのでしょうか?

冷凍した餃子は解凍するのを待たなくてもそのまま焼くと良いそうです。

ただ冷凍餃子を焼くときには少しポイントがあります。

  1. まずフライパンに油を引いたら良く熱します。
  2. フライパンが温まったらいったん火を消して餃子を並べます。
  3. それから再び火を中火位にして少し焼き色がつくまで焼きましょう。
  4. 焼き色がついたら熱湯を注いで蓋をするのですが、冷凍した餃子の時はこの熱湯の量を少し多めにしておくと調度いいそうです。
  5. 目安としては180cc~200ccくらい入れましょう。
  6. 蓋をしてからそのまま水分がなくなるまで焼いていきます。
  7. だいたい7~8分くらいで水分が無くなるようです。
  8. 水分がなくなったら蓋を開け、好みの焼き加減になるまで焼いて完成です。

焼き時間は冷凍餃子の方が3~5分ほど長くなるかもしれませんが、解凍する時間を待たずにすぐに作ることができるので嬉しいですね。

作るときの分量や火力によって焼き時間やお湯の量は様子をみて加減しましょう。

まとめ

餃子の王将の餃子の賞味期限はお持ち帰り用の生餃子も焼いてある餃子も当日中だということが解りました。

生餃子はすぐに食べない時は冷凍保存しましょう。

餃子の王将は材料もこだわっているのでお店で食べても家庭で焼いて食べても美味しいそうです。

鮮度にもこだわっているので焼きたてを味わうのが一番おすすめです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク