ウニはお寿司を食べに行ったときに良く食べますが、家庭では瓶詰されて売られていたり、冷凍されて売られているウニを食べたりします。

そんな時に気になるのが賞味期限です。

ウニは日持ちがしないイメージがありますが、一体どれくらいの賞味期限なのでしょうか。

また、どうしても食べきれなかったときは冷凍保存する事が出来るのでしょうか。

賞味期限 ウニ 冷凍

ウニの賞味期限は?

ウニは商品やメーカーによって賞味期限が違うようです。

生の状態でミョウバンなどを使用せずに無添加で販売しているウニは冷蔵保存で消費期限が出荷してから4日以内と設定されていました。

出荷されてから家に届くまで2日ほどかかる可能性があるので、手元に届いたら当日か翌日に食べた方が安心です。

 ウニの身が溶けるのを防ぐためミョウバンを使用しているウニは、ミョウバンが保存料の役目を果たすので、加工されてから冷蔵保存で1週間くらいと少し期限が長くなります。

ウニを長期保存できるようにアルコール漬けにしている商品は滅菌作用と凝固作用あるので、賞味期限が90日~180日くらいに設定されているようです。

生のウニに比べてとても長いですね。

開封後は早めに食べた方が良いでしょう。

瓶詰され冷凍された状態で売られている生づくり粒うには、冷凍された状態で賞味期限が180日くらいに設定されていました。

ただ、一度解凍すると冷蔵庫で2日と短くなるので解凍したらすぐに食べきった方が良いようです。

このように生のウニの商品はほとんど日持ちしないのですぐに食べた方が良いですが、保存料が入っている、アルコールで味付けされている、冷凍されている商品は賞味期限が少し長いようですね。

スポンサードリンク

ウニは冷凍保存できるの?

ウニが食べきれずに余ってしまった時、冷凍保存する事は出来るのでしょうか?

生のウニは冷凍すると解凍した時にドロドロになるだけでなく、味と風味が劣ってしますので冷凍保存は向きません。

ウニが食べきれなかったときは生のままよりも火を通しておくと良いみたいです。

また、どうしても冷凍しなくてはいけない時も火を通してから冷凍すると良いみたいですよ。

蒸しウニにしてクリームパスタにしても美味しいです。

また、冷凍されて売られているウニは再度冷凍する事が出来ないので、解凍したら食べきるようにしましょう。

まとめ

ウニの賞味期限は生のウニだと冷蔵庫で4日以内ですが、商品によって日持ちできるように加工されているものがあることが解りました。

また冷凍保存が出来ないので食べきれる量だけ買い、出来れば新鮮な状態のうちに食べてしまった方が良いでしょう。

風味や味が一番美味しいときに食べるのが一番です。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク