お酒のつまみにもあう馬刺し。

お取り寄せにしても市販で買っても、馬刺しは鮮度を保つために真空になって届きます。

しかし、一度開けてしまった馬刺しを全部食べ切ることって難しいんですよね。

そこで、真空になって届いた馬刺しの賞味期限はどのくらい持ち、開封後もどのくらい持つのか気になったので調べてみました。

賞味期限 馬刺し 真空パック

真空パックになっている馬刺しの賞味期限とは

真空になっている馬刺しには、冷蔵された状態と冷凍された状態のものがあると思います。

では、それぞれの状態で真空になっている馬刺しの賞味期限はどのくらい持つのでしょうか。

  • 冷蔵保存:約10日
  • 冷凍保存:約10日(メーカーによっては180日も持つ)

人によっては冷凍保存で賞味期限が10日ものでも、1ヶ月は持ったという声がありますが、美味しく食べるなら10日以内に食べることをおススメしているメーカーが多いですよ!

また、一度冷凍してしまった・冷凍されている馬刺しは再冷凍してしまうと、傷んでしまう原因になってしまうので再冷凍はしないで冷蔵保存になるそうです。

解凍する際は未開封のまま、半解凍状態になるまで解凍してスライスして食べるといいみたいです。

スポンサードリンク

開封後はどのくらい持つ?

開封後、どうしても全部食べ切れない場合ってありますよね。

その場合は必ず空気に触れないように密封容器に入れて、チルド室で保存してください!

また、一度開封してしまうと空気に触れて雑菌が繁殖していくので、生で食べる場合は開封後2日以内には食べてください。

それ以上過ぎてしまうと、雑菌等の繁殖の影響で傷みやすくなります。

なので、その場合はしっかりと加熱してから食べると良いみたいですよ。

ただし、変な匂い・カビ・味が変など少しでも違和感がある場合は処分してくださいね!

また、自己責任となってしまうので注意してくださいね!

まとめ

真空されている馬刺しは冷蔵で約10日・冷凍で約10日(メーカーによっては180日)と賞味期限が設定されている所が多いようです。

また、開封後は空気に触れて雑菌が繁殖しやすくなり傷む原因にもなるので、生で食べたい場合は2日以内に食べ切るのが良いみたいです。

それ以上経ってしまっている場合は、よく加熱してから食べるようにすると良いみたいですね。

しかし、少しでも異常がある場合は処分してくださいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク