中華街で甘栗屋が沢山並んでいて焼き栗が売られていますよね。

中華街に行くと美味しそうな食べ物が沢山あって、ついつい沢山食べてお腹がいっぱいになってしまいます。

そんなときにせっかく買った栗が食べられなくて残ってしまう事も。

後で食べよう!と思ったときに気になるのが賞味期限です。

中華街で買った栗には賞味期限が書いていないので何日で食べきればいいのかわかりません。

気になるので調べてみました。

賞味期限 中華街 栗

中華街の栗の賞味期限

中華街で買った栗は焼きたてが美味しいので出来ればその場で食べた方が良いかもしれませんが、どうしても食べられない時もあるでしょう。

調べてみると、中華街の甘栗の賞味期限は5日くらいのようです。

時間がたつと水分が抜けてだんだん固くなってしまうので、保存するときには密封できる保存用の袋に入れておくと良いようですよ。

中華街で買った栗が余ったら?

中華街で買った栗が余ったら普通の栗の様に料理に活用する事が出来るのでしょうか?

中国では甘栗を料理やお菓子に使用しているそうです。

日本ではあまり栗の料理は多くないですよね。

どちらかというとお菓子に使う方が多いかもしれません。

甘栗は甘みが強いので、炊き込みご飯、どら焼き、まんじゅうなどにすると良いかもしれません。

炊き込みご飯にする時は塩を一つまみ入れて炊くと甘い栗とちょうどいいバランスに仕上がるかもしれません。

スポンサードリンク

冷凍保存できるの?

中華街で買った栗は冷蔵庫に入れているとだんだん固くなってしまいます。

常温に置いているとやはり数日ぐらいしか持ちません。

長く日持ちする保存方法は無いのでしょうか?

そんなときには冷凍保存がオススメです。

皮付きのままで保存用の袋に入れて冷凍しておけば1カ月も日持ちするそうです。

食べきれないときは冷凍しましょう。

解凍するときは自然解凍ですが、完全に解凍しない状態だと皮が向きやすいそうです。

まとめ

中華街で買った栗の賞味期限は5日くらいだと解りました。

ただ、だんだん固くなるので出来立ての美味しいうちに食べるのが一番いいですよね。

料理やお菓子作りにも活用できるので、余った時に作ってみましょう。

お家で中華街の栗を作ることは難しいので、その栗で作った炊き込みご飯も普通の栗と違った味わいを楽しめるかもしれせん。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク