梨と言えば秋の定番のフルーツとして有名です。

甘みはりんごやパイナップルなほどに強くはなく、程よい感じです。

しかも一口噛むと水が流れてくるように口の中がさっぱりしてきますよね。

たくさんの梨メーカーもあるため、お好みの梨も人によって違ってきます。

でもやはり味が薄いため、梨が好きではない人もいるでしょう。

りんごやパイナップルはお菓子や料理などにも使われますが、梨がその他の材料として使われるのはあまり聞いたことがありませんね。

さて問題の梨ですが、そんな梨は種類によって賞味期限が変わるのはご存知ですか?

今回は各種メーカーの賞味期限について説明していきます。

賞味期限 梨 新高 豊水

梨の賞味期限

梨の賞味期限は大半の人は良く知らないと思います。

でもイメージとしては長続きはすると思いますよね。

でも実はと言うとりんごと比べてあまり日持ちはしないんです。

りんごの賞味期限は大体二週間から一か月ぐらいだと言われていますが、梨はそれ以下と言うことになりますね。

梨は水分が豊富です。

なので切った後の梨は早めに食べきるかラップに包んで冷凍保存してください。

それでもできるだけ早めに食べきったほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

梨の種類

梨はメーカーによって賞味期限がいろいろと変わってきます。

例えば新高は常温で15~20日と言われており、豊水は常温で7~10日持つと言われています。

冷凍すればもうちょっと賞味期限が長続きするかもしれません。

紹介するこれらは一部ですので他のメーカーだといろいろな賞味期限を持った梨がありますので自分で調べてみるのも面白いでしょう。

まとめ

定番フルーツの一つ、梨。梨は甘みが少なく、他の食べ物を作る時の素材として使用されることは少ないです。

それでも梨には梨独特の魅力があるでしょう。

賞味期限に関して梨はメーカーによって変わってきます。

そして梨は水分が多く、切った場合は出来るだけ早めに食べきることが望ましいでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク