ジャガイモと玉ねぎと言ったら今日の飲食店や家庭料理にも欠かせない食材となっています。

ジャガイモは様々な料理に使われますよね。

それは例えば肉じゃがやカレー、フレンチフライ、その他など様々です。

その日食べたい料理によってジャガイモの調理が変わります。

なんだかんだいって万能食材です。

一方玉ねぎはジャガイモと並ぶような幅広い範囲で食材として使われています。

カレーとか酢豚にも使われていますよね。

玉ねぎは各食材の中で地味な存在ですが、引き立て役としても重要な食材となります。

そんな万能なジャガイモと玉ねぎですが、もしその食材に芽が出ていたらあなたはどうしますか?

食べられるのかどうか気になりますよね?

そもそも賞味期限はどれぐらいあるの?

今回はそんなジャガイモと玉ねぎの賞味期限について説明していきたいと思います。

賞味期限 芽 じゃがいも 玉ねぎ

芽が出たら?

まず玉ねぎの場合、玉ねぎの賞味期限は常温保存で大体一、二か月だと言われています。

そんなに長持ちするの?と思われる方もいますが、玉ねぎは取ってから乾燥を約一か月ぐらい経ってから販売しています。

普通に長持ちですね。

玉ねぎに芽が出た場合、玉ねぎはジャガイモと違い芽だけを取れば他は食べられるというわけではないようです。

一応食べられるには食べられますが、おいしくないようです。

なので玉ねぎに芽が出たらそれは賞味期限だと思ってよいでしょう。

スポンサードリンク

ジャガイモの場合

ジャガイモの賞味期限はあまりイメージ沸きませんよね。

普通に言えば長期保存できる食材です。

そんなジャガイモですが、もし芽が出たら賞味期限で美味しく食べられないとか思っていませんか?

いえ、普通に食べられます。

玉ねぎと違いおいしく食べられます。

ジャガイモの場合は芽の部分だけが毒なので取る必要があります。

それ以外の白い部分は食べても問題ありません。

明らかに食べてはいけないのはジャガイモの大半が緑色に変色していることですね。

その場合は食べないほうが良いでしょう。

まとめ

ジャガイモと玉ねぎは私たちの身近にあります。

結論として、玉ねぎの賞味期限は芽が出てから食べられないようです。

ジャガイモの場合は芽が出てもその部分だけを取れば他は食べられます。

でもジャガイモの全体が緑色に変色している場合、注意する必要があるでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク