安くていざあると助かるもやしと常に常備して置くと便利な食材のじゃがいも。

どちらも栄養が豊富で美味しいんですよね。

しかし、茹でたのは良いけれど余ってしまった場合、もやしとじゃがいもの賞味期限ってどのくらい持つのか気になりますよね。

そこで茹でたもやしとじゃがいもの賞味期限について調べてみました。

賞味期限 もやし じゃがいも 茹で

茹でたもやしとじゃがいもの賞味期限って?

まずもやしとじゃがいもは茹でる前はどのくらい持つのか知っていますか?

もやしは皆さんが思っているように冷蔵保存で1~2日しか持たないんです。

しかし、ボールまたはタッパにもやしとヒタヒタになるくらいまで水を入れたら、空気に触れないようにラップすると3~7日持つんだそうです!

ただし、水は毎日取り換える必要があり、その度にビタミンなどの栄養素も一緒に流れてしまいます。

そして、じゃがいもは冷蔵で1週間くらい持ち、冬場は常温保存で数か月も持つんだそうです!

常温保存する場合は、新聞紙に一個ずつ包んで保存するか、箱に新聞紙を敷きつめてその上にじゃがいもを置いて、新聞紙を被せると良いみたいです。

茹でたもやしの賞味期限

茹でたもやしの賞味期限は冷蔵で1~2日と茹でる前と変わらないのですが、茹でる際に熱湯に酢を入れると少し長く持つようです。

保存する際はしっかりと水気を絞ってからタッパなどに入れて空気に触れないようにラップで蓋をするみたいです。

冷凍保存の場合2~3週間は持つんだそうです。

保存の仕方は、シャキシャキ感が残る程度茹でたら、ザルにあげて水で冷やし手でギュッと絞ってからラップで小分けにしてジップ付きの袋に入れて保存すると良いみたいです。

使う際は解凍せずにそのまま使った方が良いみたいですよ!

スポンサードリンク

茹でたじゃがいもの賞味期限

茹でたじゃがいもは冷蔵保存の場合4日くらい持つみたいですが、美味しく食べるなら当日~翌日中が良いそうです。

冷凍保存の場合は2~3週間持つみたいなのですが、保存する際はそのままの形ではなく、細かく潰してマッシュ状にして保存した方が良いみたいです。

そのままの形で保存してしまうと、スカスカになってしまい美味しくなくなってしまうみたいです。

まとめ

茹でたもやしの賞味期限は冷蔵で1~2日、冷凍で2~3週間となり、茹でたじゃがいもの賞味期限は冷蔵で4日くらい、冷凍でマッシュ状にして2~3週間くらい持つことが分かりました。

しかし、日に日に味などは落ちてしまうみたいなので、早めに食べるように心掛けていきたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク