栄養豊富でお浸しにしても美味しいほうれん草。

そんなほうれん草の賞味期限って記載されていないので、いつまで持つのか分からない人って多いのではないでしょうか?

そのため、まだ持つと思い使わずに置いておいたら、ほうれん草がシナシナになってしまったり、色が変になってしまった!なんて経験ありますよね。

そこでほうれん草の買ってからの賞味期限について調べてみたので紹介していきたいと思います!

賞味期限 ほうれん草 買ってから 冷凍食品

ほうれん草の買ってからの賞味期限

ほうれん草の買ってからの賞味期限は、ほうれん草の鮮度によって異なってきてしまうのですが、目安としては1週間くらいは持つそうです。

また、ほうれん草は葉から水分が蒸発してしまうようなので、保存する際は湿らせた新聞紙に包んでビニール袋に入れて葉が上に立つように野菜室で保存すると良いみたいです。

ちなみに、50度のお湯で1~2分洗うと少し長く持たせることが出来るみたいですよ!

スポンサードリンク

手作り冷凍食品のほうれん草は?

ほうれん草を使って作り置きし、冷凍する方もいると思います。

手作り冷凍食品にした場合、使っている材料によって異なってくるようですがだいたい2週間~1ヶ月くらいは持つそうです。

味付けは濃いめにしておくと、解凍された時にちょうどいい味になるそうです。

ほうれん草単品で冷凍する場合は、1ヶ月前後は持つみたいですよ!

保存する際は、ほうれん草は固めに茹でて冷水でしっかりと冷やし、水気をしっかりと絞ったらラップで小分けにして包んだらフリーザーバッグに入れて保存すると良いみたいですね。

使う際は解凍せずにそのまま使うようにすると、ほうれん草はビチャビチャにならずに美味しく頂くことができるみたいですよ!

まとめ

ほうれん草は買ってから鮮度によって異なってくるのですが、賞味期限はだいたい1週間くらい持つそうです。

しかし、保存状態が悪いと1週間持たなく2~3日ほどで傷んでしまうこともあるので、保存する際は気を付けてくださいね!

冷凍食品にした場合は2週間~1ヶ月ほどは持つようなので、すぐに使わない場合は冷凍食品にして保存すると良いですね。

新鮮なうちに食べれば栄養もしっかり摂れるので、なるべく早めに食べるようにしていきたいですね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事