魚って1枚の切り身で買うよりも何枚かの切り身で購入する方が安かったりしませんか?

なので家族の数より沢山の枚数を買ってしまうことってありますよね。

ここでは、そんな時に役に立つ鮭の切り身の保存方法や賞味期限について詳しく紹介していこうと思います。

賞味期限 鮭 切り身

鮭の切り身の保存方法と賞味期限

鮭の切り身の保存方法にはいくつか方法があります。

賞味期限と合わせて紹介しています。

冷蔵で保存する場合

鮭は買ってきたそのままのパックに入れたままにするよりもパックから取り出して保存した方が傷みにくくていいです。

キッチンペーパーなどで切り身の水気を拭き取ってしまい、一切れずつラップでしっかりと包んで保存しましょう。

冷蔵庫に入れるときもペーパーなどを切り身の下に敷いておくと水分をしっかりとすってくれます。

冷蔵保存をした場合3日ほどが賞味期限の目安です。

スポンサードリンク

冷凍で保存する場合

こちらも冷蔵保存の時と同じようにパックから出して水気を取ってから一切れずつラップに包むか、ジップロックなどに入れて冷凍しましょう。

賞味期限はおよそ2週間から1ヶ月が目安だと考えておきましょう。

2ヶ月や半年など、もっと長く保ち食べても問題なんかなかったという声もチラホラありますが、長期間冷凍すると冷凍やけを起こすことがあり解凍した時にパサついたものになってしまうので1ヶ月以上経ってから食べる場合はその点を考慮しておきましょう。

解凍するときは電子レンジの解凍機能を使うのもいいですが一部が焼けてしまって調理されてしまうこともあるので注意しましょう。

常温解凍は放置しすぎると鮮度が落ちるので、あまりオススメしません。

なので、1番おすすめできる方法としては冷凍庫からそのまま冷蔵庫にいれて自然解凍させてしまうことです。

この方法が1番風味が落ちづらく生食にも使えるのでオススメしたいです。

まとめ

ここまで、鮭の切り身の保存方法や賞味期限について詳しく紹介してきました。

ちなみにスーパーにはすでに冷凍されたものが解凍されて売られているものもありますが、その場合は再冷凍はオススメしません。

かなり風味が落ちてしまうのでその場合は食べきってしまいましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク