新鮮な生の馬刺しは、とてもおいしくてお酒にもよく合うので人気の食材ですよね。

しかし、保存方法や加工方法によって賞味期限は変わってきます。

冷凍保存や冷蔵保存などによっても変わりますので、それぞれ調べてみました。

賞味期限 馬刺し 冷凍 冷蔵

馬刺しの賞味期限

生の状態の馬刺しは本来、当日中に食べきらなくてはいけませんが、保存方法や加工方法によって変わってきます。

また、真空パックや開封後など状態によってまとめました。

新鮮な状態のものなら未開封で4~5日程度

直営店など、加工してからすぐの状態であれば冷蔵保存で4~5日程度の賞味期限になりますが、これは未開封の状態であり新鮮でも開封後は当日中に食べきってしまいましょう。

真空パックの馬刺しの賞味期限は?

通信販売や取り寄せの場合、真空パックで送られてくる事が多いと思いますが冷蔵保存で賞味期限が1週間程度で開封後はこちらも賞味期限は当日になります。

スポンサードリンク

冷凍保存の賞味期限は?

冷凍された状態で販売されている場合、メーカーによって異なりますが1か月~半年もの間保存可能です。

馬刺しは他のお肉と違い鉄分が多く含まれるので開封後は酸化しやすくすぐ変色もしてしまうので空気に触れないように包んで冷蔵庫で保存するのがオススメです。

賞味期限が切れた馬刺しは?

もし生で食べる事の出来る賞味期限が切れてしまったら、どれだけ日にちが経過しているかによって調理法も変えてみましょう。

例えば、期限が切れて1日~2日なら、たたきなどのように表面を少しあぶって食べたり、3日~4日程経過していたら中までしっかりと火を通して食べるのも良いかもしれません。

しかし、生で食べるのは危険ですので経過日数に応じて火を加えて調理するようにした方が安全と考えられています。

まとめ

もともと馬自体には細菌がいないため加工の方法によっては長い期間保存する事も可能ですが、一度空気に触れてしまうと他のお肉と同じように品質は劣化していきますので早めに調理して食べきってしまった方が良いかもしれません。

もし冷凍の状態で購入するのなら食べられる分だけを解凍して残さないようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク