鶏胸肉で作るハムといえば数年前からネットから人気に火がついた”鶏ハム”ですよね?

ジューシーでヘルシー、しかも家計にも優しいためもう一品ほしいときに大助かりの家庭の定番となりました。

最初は時間のかかる作り方しかありませんでしたが、最近は一晩漬け込むだけのお手軽時短レシピが主流となっていますね。

さて、今日はそんな鶏胸肉で作るハム”鶏ハム”の消費期限・賞味期限とその保存方法について調べてみました。

消費期限 賞味期限 鶏胸肉 ハム

鶏ハムの消費期限・賞味期限は?

短いものなら3日、長いものなら2週間のものまであります。

使う材料によりますが、漬け込むとき塩と砂糖を多めに使うと日持ちします。

さらに手間はかかりますが燻製にすることで2週間程度もちます。

手作りで作るものですから工夫次第で長持ちさせることも可能ですが、なるべく早いうちに食べきってしまったほうがよさそうです。

鶏ハムの保存方法は?

冷蔵庫で保管する場合はタッパーか密閉できる袋に入れて保存します。

袋で保存する場合は可能であれば真空状態での保存が望ましいです。

冷凍庫の場合はフリーザーバッグに入れて丸ごと保存でもいいですし、スライスして小分けにして保存しておくと食べたい分だけ取り出せます。

1ヶ月弱は大丈夫ですが風味は落ちていきますので早めに食べましょう。

スポンサードリンク

鶏ハムの茹で汁の使い道

鶏ハムを作った後の茹で汁を捨てるのは大変もったいないです。

鶏肉のダシが出ているのでスープに使うととてもおいしいですよ

すぐに使えないときは製氷機などに入れて冷凍しておくと調理の時にとても便利です。

まとめ

鶏胸肉は安くて入手しやすいので、多めに作って冷凍保存しておくと何か一品足したいときなどにとても便利です。

茹で汁もスープ等に使うことも可能ですので料理のレパートリーがたくさん増えそうですね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事