日本のスーパーではよく賞味期限間近になると値引き等のワゴンセールをやっているのをよく見かけますが、イタリアのスーパーではそのような割引セールはほとんどありません。日本では考えられませんが、賞味期限が翌日や当日なんてものも平気で売られています。

数日後、使おうと思っていたら賞味期限が切れていた、開けたら臭かった、なんてこともしばしば。イタリアに最初に来た頃はよく失敗したものです。特に潰れていたり、膨らんだりの缶が変形しているような缶詰は要注意です!空気が入ってカビが発生し腐っていたなんてこともあります。

イタリアでは賞味期限は自分自身の目で必ずじっくり、しっかり確認して買わないといけません。メーカーによって表示方法はそれぞれです。

消費期限 賞味期限 イタリア 缶詰 読み方

イタリアの賞味期限(一例)の見方・読み方

数字表記の場合

[17 07 04] → 賞味期限2017年7月4日

(※ [06413]→これは2013年6月4日に製造されたことを意味します。)

[SC07 17] → 賞味期限 2017年7月

イタリア語表記の場合

[LUGLIO 2017] → 賞味期限 2017年7月

ものによっては賞味期限を意味するbest byと書かれているものもあるようです。英語表記同様にイタリア語でも月名がローマ字なることもあります。
<

スポンサードリンク


全部の月ではないですが、なんとなく英語に似ているものもあるので推測でもなんとかわかりそうですね。

1月 GEN→GENNAIO

2月 FEB→FEBBRAIO

3月 MAR→MARZO

4月 APR→APRILE

5月 MAG→MAGGIO

6月 GIU→GIUGNO

7月 LUG→LUGLIO

8月 AGO→AGOSTO

9月 SET→SETTEMBRE

10月 OTT→OTTOBRE

11月 NOV→NOVEMBRE

12月 DIC→DICEMBRE

まとめ

イタリアで食品を買う場合は多少高くても小売店で買うのがお勧めです。お店の人は陽気で親切だし、商品の回転もいいので安心です。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク