賞味期限をすぎても、消費期限をすぎても、
納豆は食べられると言われています。

納豆はもともと腐っているものだから、
消費期限から2日経っても、3日、5日と経過しても、
問題ないと考えられているのです。

しかし、納豆は腐っているわけではありません。
納豆の賞味期限は、どのように考えたら良いのでしょうか。

賞味期限 消費期限 納豆 2日 3日 5日

「発酵」と「腐敗」は違う

納豆は発酵食品です。

現在の納豆は、納豆菌を培養して大量生産しますが、
納豆はもともと、稲についている納豆菌を活用して作るものでした。

稲には「納豆菌」という独特の菌がついていることが判っています。

ですからその稲で「わらづと」という容器を作り、
蒸した大豆をその中に納めておくと、約1日で納豆になるのです。

こういう風に、菌という微生物を使って、
人間の役にたつ食品を作ることが「発酵」です。

人間に有害な菌が繁殖して、
食べられなくなってしまうのを「腐敗」と言います。

スポンサードリンク

腐敗した納豆はどうなる?

色が茶色すぎる。臭いや味、食感がいつもと違う。

それに気づくほど変質した納豆は、発酵ではなく腐敗しています

納豆菌のような、人間の健康を増進する菌ではなく、
人間の健康に害を及ぼす悪い菌が、納豆についてしまっているのです。

納豆の腐敗を防ぐには、10度以下の冷蔵温度を保つことが重要です。

冷蔵庫に入れるときだけ慎重になりがちですが、

お店で買ってから自宅へ持ち帰るまでの時間が長いと、
その間に納豆の温度が上がってしまいます。

納豆は保管だけでなく、購入方法にも気をつけましょう。

添付されているタレやカラシの消費期限は?

納豆に添付されているタレやカラシは、
「賞味期限は納豆と同じ」と考えるのが無難です

ちなみに、納豆に必ずカラシが入っている理由は、納豆のニオイ消し。

「納豆は嫌いだけど、カラシが入っていれば食べられる」
という人が、実に多いからだそうです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク