中華料理やスープにおひたしにと色々な料理に使えるチンゲン菜。

栄養も高く、シャキシャキしていてとても美味しいんですよね。

そんなチンゲン菜の賞味期限って保存の仕方で変わるのかどうか気になりますよね。

そこで、常温・冷蔵・冷凍それぞれの保存方法で保存した場合どのくらい持つのか気になったので調べてみました!

賞味期限 チンゲン菜 常温 冷蔵 冷凍

チンゲン菜の賞味期限

常温の場合

チンゲン菜は冬の時期であれば常温でも問題ないようです。

しかし、それでも2~3日程で傷んでしまうのであまり常温保存はおススメしません。

冷蔵の場合

冷蔵保存したチンゲン菜は1週間程持つみたいです。

保存する際は、チンゲン菜の根元を濡れたキッチンペーパーで包み、全体を新聞紙で包んだらビニール袋に入れて軽く口を閉じて立てるようにして野菜室で保存すると良いみたいです。

また、チンゲン菜は悪くなると葉の色が黄色に変色していくので、変色が見られたら変色部分を取り除いて早く使うようにしてくださいね!

スポンサードリンク

冷凍の場合

チンゲン菜は冷凍すると1ヶ月ほど持つそうです。

ただし、生の状態で冷凍保存は出来ないので必ず茹でてから保存するんだそうですよ!

その保存の仕方が、チンゲン菜を洗って鍋に水を入れて沸騰したら塩を入れ、チンゲン菜の根元から15~30秒ほど茹でて更に葉全体をつけて10秒ほど固ゆでしたらザルにあげます。

そして、しっかりと粗熱をとって水気も絞り食べやすい大きさにカットし、更に水気を絞ってラップで小分けに包んだらジップ付きの袋に入れて冷凍保存すれば完了になるそうです。

使う際は解凍せずにそのまま調理に使うようにした方が美味しく食べられるんだそうです。

まとめ

チンゲン菜の賞味期限は常温の場合2~3日以内・冷蔵保存の場合1週間程・冷凍保存だと1ヶ月ほど持つことが分かりました。

常温・冷蔵の場合は乾燥を防ぐために濡れた新聞紙やキッチンペーパーを使うようにすれば長く持つこともあるようですよ!

また、悪くなってくると一気に悪くなるので早く使うようにし、なるべくダメにならないよう無駄なく使って美味しく頂きたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事