烏龍茶は普段の生活の中で、口にする機会がかなり多い飲み物です。

ペットボトルタイプの物を飲んだり、茶葉を水出し、煮出ししたりとほぼ毎日飲むものではないでしょうか。

そんな烏龍茶ですが、なかなか一度に全部を飲みきれない時に放置していたら賞味期限が切れてしまっていた…

なんて経験をしたことありませんか。

今回はペットボトルの烏龍茶の賞味期限について調べてみました。

賞味期限 開封後 開封前 烏龍茶

烏龍茶の開封前と開封後の賞味期限

開封前の賞味期限について

賞味期限はペットボトルの枠外(蓋や底など)に表示されています。

ペットボトルに表示されている賞味期限は、蓋を開ける前、つまり密封状態の賞味期限です。

直射日光が当たらない場所、また気温の変化があまり無い冷暗所などでの保存がおすすめです。

良好な状態で保存されていれば、記載されている賞味期限を過ぎても多少は日持ちをするようです。

開封後の賞味期限について

蓋を開けてしまった場合は、賞味期限は一気に短くなり約2~3日です。

これは、飲み方によっても若干賞味期限が異なってきます。

直接、ペットボトルに口をつけて飲んだ場合は、ペットボトルの口に付着した雑菌が飲み物の中で繁殖をしてしまう為、基本的にはその日中に飲み切るのが好ましいです。

難しい場合でも、1日位が限度のようです。

菌が入ってしまうと繁殖も凄まじいスピードでするので飲み切ることが大切です。

コップ等に移して飲んだ場合は、2~3日程度は持つようです。

しかし、こちらも空気中の雑菌等と触れてしまうのでなるべく早く飲むのが良いとされています。

スポンサードリンク

賞味期限切れの烏龍茶の有効活用

蓋を開けていない状態の烏龍茶で賞味期限が過ぎてしまった場合、飲むのは気持ち的に難しいけど、捨てるのももったいない…という場合は、有効活用できる方法があります。

お風呂に混ぜて使用することで保湿効果を高める効果が期待できるそうです。

また、お茶でうがいをすることでカテキンが風邪やインフルエンザの予防に効果的だそうです。

その他にも様々な活用法があるので、全て捨てるのがもったいないという場合にはいろいろ調べてみるのも一つの手です。

まとめ

烏龍茶の賞味期限は開封前と開封後ではかなり違うということが分かりました。

特に開封してからは2~3日程度しか持たないので、早めに飲み切るのが大切だということが分かりました。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク