茄子の定番料理と言えば、煮浸しや揚げ浸しになりますよね。

どちらもさっぱりとしていて夏場にはぴったりの料理です。

そんな茄子の煮浸しと揚げ浸しって作ったのは良いけれど、賞味期限はどのくらい持つのか気になりますよね。

そこで、茄子の煮浸しと揚げ浸しの賞味期限について調べてみたので書いていきます。

賞味期限 茄子 煮浸し 揚げ浸し

茄子の煮浸しと揚げ浸しの賞味期限

茄子の煮浸しの賞味期限

茄子の煮浸しは基本冷蔵保存になり、冷凍保存は向いていません。

常温保存も向いてはいないのですが、作ったその日の内に食べる場合涼しい所で保存していれば大丈夫みたいです。

しかし当日以降に食べるのであれば、しっかりと密封容器に入れて保存するかラップをかけて空気に触れないようにし、冷蔵保存すれば1~2日ほどは持つみたいです。

スポンサードリンク

茄子の揚げ浸しの賞味期限

茄子の揚げ浸しも煮浸し同様冷凍保存は向いていません。

なので、基本は冷蔵保存となります。

また、一度茄子を揚げてから浸すので煮浸しに比べて賞味期限が3日~1週間ほどと少し長く持つようです。

しかし、保存する際は密封容器に入れて保存し、取り分ける際は清潔なお箸を使うようすることが条件となります。

もし常温保存する場合は季節にもよりますが、作ったその日の内に食べ切ることをおススメします。

茄子の煮浸しも揚げ浸しも塩分などの濃さによって異なってくるので、あくまでも賞味期限は目安としてみてくださいね。

まとめ

茄子の煮浸しは基本冷蔵保存となり1~2日を目安に食べ切るようにし、揚げ浸しは冷蔵保存で3日~1週間程を目安に食べ切るようにすると良いみたいですね。

しかし、どちらも常温保存する場合は作った当日中に食べ切るようにした方が良いそうですね。

しかも、冷凍保存も向いていないので冷蔵保存するようにしてくださいね。

また、どちらも保存する際は密封容器に入れて保存し取り分ける際は清潔なお箸で取ることを条件となった期限になります。

塩分の濃さなどによって賞味期限は異なってくるようなので、賞味期限はあくまでも目安として置きなるべく早く食べ切るようにしていきたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク